黒部ダムカレー誕生

"ふたの裏側"とくろよん魂(スピリッツ)

黒部ダムカレー事務局です。

いやー暑い、暑いですねー。
ここ、信州、信濃大町も、連日、真夏日が続いています。

それでも、都会のような湿度の高さはないですし、
朝晩は24~25℃くらいに下がります。

それに、こんなに温度が上がるのもあとひと月ほどかな・・?

今は逆に夏を楽しむようにしたいと考えている事務局です。

さて、今日のタイトルの件。

ただいま好評発売中の”黒部ダムカレーbyサークルKサンクス”。
先日は”ふたの表側”のご紹介をしたのですが・・

黒部ダムカレーHPと”黒部ダムカレーbyサークルKサンクス”(#^.^#)



今日は、”ふたの裏側”についてご紹介します。

ふたを裏にしてみました。


ちょっとアップにします。
文字が書かれているのがお分かりいただけるかと思います。



そう。
この裏側にには、黒部ダムの紹介はもちろん、
”くろよん魂”についてもご紹介されているんですね。

そちらを抜粋しますと・・・

   黒部ダムの建設は世紀の大事業として語られ、昭和31年から実に7年の歳月をかけて 
   当時の金額で513億円の巨費と延べ1,000万人の人手により完成しました。 
   関電トンネル破砕帯に対して、関係者一丸となって挑んだ不屈の精神と連帯感は
   「くろよん魂(スピリッツ)」と称されています・・・

・・・・・・・・・・・・・・


電力不足の当時、私益より公益を優先させ、さまざまな難関を突破した「くろよん魂(スピリッツ)」。
このような時代だからこそ、今、あらためて見直す必要があるかもしれません。

・・・・

そして、もちろん、黒部ダムカレーのHPのご紹介もいただいていますw
お食事のあと、ほっと息をしながら、ふたを裏返してみてくださいね(^○^)

参加店一覧

©黒部ダムレー  Allrights  reserved