黒部ダムカレー誕生

行ってきました! 第4回さくったー!セミナー「ツイッターはじめの一歩」

 黒部ダムカレー事務局です。

さて、今日の報告は・・・

そうです。タイトルの通り

第4回さくったー!セミナー「ツイッターはじめの一歩」に参加してきました。

場所は佐久情報センター

大町市からは高速道路を使って1時間半くらい。
比較的近くて、事務局もびっくりでした。

※今朝の新聞でダルビッシュが150キロを連発したと書いてあったので・・・
 打倒ダルビッシュ!と頑張ってみましたが、やはり届きませんでした。

いままで、東信地区って少し遠いイメージがあったんですが、
今日、伺ってみてそんなイメージ、払しょくされました。
遠からず、さりとて近からず。
ちょうどいいドライブコースという感じですね。

セミナーが始まるのは午後の2時。
約30分前に会場に着きました。

会場の佐久情報センターです。
とても立派な建物でびっくり!



そのお隣は佐久CATV。


いよいよ玄関です



施設の中にはしっかり本日の告知が!



会場は2階。階段を上ります。



施設内は吹き抜けになってました。
開放感があってグッドです。


会場内はすでにスタンバイOK。
各机のパソコン、そしてスクリーンも準備万端。



いよいよセミナーがはじまりました。
中央が本日の講師、松村さん。
右手が総合司会の半田さんです。


セミナーは実際のツイッター画面を使って行われます。


本日の受講者は初心者の方から実際にがんがん使っている人まで、
さまざまなレベルが入り混じってました。
でも、だからこそ、隣席同士で質問しあえるなど、円滑にできたのだと思います。



本日のセミナー、タイトルのとおり「ツイッターはじめの一歩」です。
ほんとうに初めてtwitterをやる方を対象にしています。
ですので、最初にtwitterへ登録するとことから始めています。
でも、実際には登録が済んでtwitterアカウントをお持ちの方も多いようでした。

さて、そのtwitter、よくわからないともいわれていますが、
実際にはそんなに難しいものではありません。

ざっくりとご説明すると、
・140文字以内で書き込みをする。
・特定の人に対しての意見は「返信」を使用。
・他の人の意見をされに広げたいときはRTを使用。
・RTには自分のコメントを付けてのツイートも可。
・ほかの方に見せたくないときはDMを使用。

ざっくりであればこのくらいです。
※詳細は・・・簡単な説明書をさっくっと?お読みになるのがいいかもしれません。
 むしろ、習うより慣れろのほうがいいのかと思います。

でも、こういうことをわかりやすく説明するというのはやはり至難の技。
今日も、事務局の方々、創意工夫を凝らして、一生懸命ご説明していました。

そこで、事務局の方々が選んだ技は・・・「寸劇」。

お仲間を突然スクリーン前に呼び出す荒業も飛び出しました。

これはDMの説明しているところ。


無事、DMが届いたようです・・・(^^ゞ



これはハッシュタグの説明しているところ。
うーん、こうきたか・・と思わず笑ってしまいました。


ご丁寧に、”curry”のハッシュタグもおつくりいただいてありました。



寸劇?中では、こんな笑顔も・・・(^^♪


今回は、twitterにて、さくったー運営事務局の半田さんからお誘いいただき
参加させていただきました。

今回、参加させていただいて・・・ほんとによかった!
インターネットが爆発的に普及して、すでに生活必需品として数えられても
いい時代、人と人をつなぐ手段としてtwitterもその存在価値は高まる一方です。

とはいえ、twitterって、やっぱり少しクセがあるかも・・・
そもそも、基本的な機能がわからず、ソフトの意味もわからず・・・
自分も最初はわけがわからずにやっていましたからね。
(今ももちろんわかっているわけではないが・・・)

ですので、twitterが万能かというと決してそうではない。

でもその半面、これまでのHPやブログと違って、参加への敷居は圧倒的に低いんです。
メールアドレスがあれば、ほんとに簡単に参加できるし、
アップロードは140文字以内ですから、ブログみたいに文章に困ることもないし・・・

でも、敷居が低い分、参加者も圧倒的に増えてきますから、その波に入ってしまって、
そもそもの自分の立ち位置がよくわからなくなる危険も備えています。
だからこそ、基本をきちんと理解して参加していくことが大事ではないかと。


それに個人的には、すでにアナログかデジタルかなんていうカテゴライズは
もう無意味ではないかと感じています。

手書きの回覧板とtwitterなんて組み合わせ、ぜんぜん変ではないと思うんですよ。
どちらかを選ぶというのではなく、それぞれの長所をうまく組み合わせることによって
情報発信、受信、そして共有をしていく。
きっとそんな流れになるのではと思っています。


ともかく、twitterはこれからも爆発的に普及していくことが予想されます。
だからこそtwitterをしっかり理解しなければいけないと思いますし、
そしてさらには、自分の地域でも少しでもいいから取り入れられないかと思ってますが・・・

不安なのは、どんなふうに説明すればいいのか・・って?
自分も分かっているようで、実はわかっていない。

今日はさくったーのみなさんが、どんな風にセミナーを行うのか?
そこを見させていただきたいと思って参加しました。

その意味では、今日はほんとによかったです。
一生懸命考えて、(時には体を張って・・?)
あっというまの2時間でした。
事務局およびご協力されている方々の熱意にはほんと頭が下がる思いです。
協力者も地元だけでなく、北信、中信から来てましたからね。

ともあれ、本日はとても有意義な1日。
さくったーの皆さま、そして本日ご参加された皆さま、ほんとうにありがとうございました。

そして・・・
大町市でのtwitter普及にもすこーしお力添えを・・・(●^o^●)

参加店一覧

©黒部ダムレー  Allrights  reserved