黒部ダムカレー誕生

氷見に行ってきました! その2

暴風
悪天候の三点セットでお迎えいただきました、今回の氷見出展。
この状況、我々の今後を占っているのか?なんてちょっと不安になりながら、土曜日は民宿で休みました。
なんだかんだ言いながら、土曜日の夜は氷見キトキト寿司でしっかり食べましたけど・・
(キトキト寿司 氷見本店の方々、営業時間伸ばしてしまってすみません)

さて、翌18日、いよいよイベント当日を迎えました。
出展者の搬入時間は朝6時から7時までと案内されています。
もちろんその時間に合わせて朝6時には宿泊先を出ましたが、朝の天気はやっぱり
車の中に傘置き忘れてしまった!ので駐車場まで走っていったら、思いっきりアスファルトの
上にケータイ落っことして表面傷だらけ。
今日のイベントできるのかな?なんて本気で考えていました。

でも天気予報は午前中はにわか雨、お昼ぐらいから天候回復となってたんですね。
その予報に一縷の期待をして出展準備を始めました。

すると、だんだん雨が弱くなってきたんですね、これが。

厚い雲間からうっすらと朝日が・・とってもきれいでした。

氷見漁港から見た朝日(朝7時くらい?)。ね!きれいでしょ?

長野県人、海を見ると異様にテンションがあがるんですよね! 
イベントは今日1日のみで、時間は8時~15時まで。
短期集中型ですね。よっしゃ、これでいけるって思ってお店の準備をがんばっていたんですが・・

お店準備中です。




しばらくしたらやっぱり雨・・・がーん
とにかくすっごい雨。どこがにわか雨なんですか、天気予報さん。
この状況、日本語では土砂降りというんですけどね。

天幕からしたたる雨、わかります?


とにかく商品をなんとかしなければ。
ダンボール箱はじかに下におけないので、ビニールシートやプラスチックの箱の上に
荷物をおくなどして対応してました。

まぁ、天気だけはどうにもならないよね・・こればっかりは。
とはいえここ氷見市は漫画家の藤子不二雄A先生がご出身された土地なんです。
忍者ハットリくんとともに印を結ぶと・・・




なんと!晴れてきたんですね、これが!
願いが通じたのか?天気予報どおりなのか?それはわかりませんけど。
(冷静になれば予報どうりですよね、やっぱり)


自慢げに会場内を闊歩する忍者ハットリくん

 

さっきまでの土砂降りがうそのようです。
青空が出てきました。



そしてようやく氷見カレーのブースへ。

日差しを浴びている氷見カレーのブース。


大変お忙しいところ、失礼ながらご挨拶させていただきました。
大盛況でしたね。
当日は氷見ととぼちカレー(500円)を販売されていました。


さて、その後・・
 天候回復とともにお客様の入りこみも当然増えます。
自分たちのブースにもたくさんのお客様においでいただき、そちらの対応で
ほぼイベント終了と思っていましたが・・

なんと終了間際、
氷見市観光協会の副会長さん
そして
氷見カレー学会の会長さんが大町市のブースにおいでくださいました。
イベント中でもあり、お話できた時間はわずかでしたが、お互いの現状、方向性など
お話できました。
そして、コラボ
こちらもとても前向きにお聞きくださいました。
カレーのコラボだけでなく、食材など、それぞれの特徴を持ち寄って、よりよりものが
できていけばよいなと思っています。
(氷見の山菜、大町でのシーフードなど?)

お二人、大変お忙しい中、こちらのブースにお越しいただきほんとうにありがとう
ございました。
大変お世話になりました。
また、そちらに伺わせてくださいね。

氷見カレー学会の詳細はこちら⇒氷見カレー学会ホームページ

 

参加店一覧

©黒部ダムレー  Allrights  reserved