黒部ダムカレー誕生

一期一食・テラめし倶楽部で大黒部ダムカレーが!

テラめし倶楽部、ご存知ですよね。?
以前、こちらのブログでも掲載させていただきました。
そのテラめし倶楽部主催者であるマエダンゴさんと大黒部ダムカレーの真剣バトル、
詳細なレポートをテラめし倶楽部でご紹介されています。
※バトル375です。
詳細はこちら→www.geocities.jp/zzr_1100c22004/contents_terameshi_club_375.html

その経過を見ていくと・・・
まさに壮絶なバトルが繰り広げられていました。

マエダンゴさん、前回の反省のもと、すでに前日夕方にお店に電話されて大黒部の有無を確認した上、ETC1,000円を活用して、福井から大町に来られたところから物語りは始まります。

バトル当日の開店30分前に店頭に着いたにもかかわらず、オープンのころにはすでに行列が・・・
オーダー重複などによる食材不足など、疑心暗鬼になりながらもオーダーしたところ、
無事オーダーがとおり、いよいよバトル開始です。

バトルの中で対戦した「大黒部ダムカレー」の写真を掲載されていましたが、
ん?んんん?!

ご飯の量、多くない?これ!

一応、掟では「ご飯を堰堤の形にするべし」となってます。
はたしてこれが堰堤なのか?
マエダンゴさんおっしゃっている通り、堰堤より溶岩ドームですね。

大黒部ダムカレーを食べられた方はお分かりでしょうが、ご飯の量はもちろん、
伝説のとろとろ角煮がまるごと一本のっているんです。

確かにおいしいです。
ほんとにおいしいんです。
それはわかっているんです。

だけど、とても一人で食べられるものではありません!!

事務局もこないだ注文しましたが、結局5人がかりでした。
それが・・・
ほんとに一人で食べてしまったんですね!!

凄い、凄すぎる!!
 

豚のさんぽさんのブログに書かれている通り、
すでに料理長さんが、
”大黒部ダムカレーを完食した者のみがオーダーする事ができる裏メニュー”
その名も 
「”裏”大黒部ダムカレー」 1,680円!!!

を考案されているとのこと!

マエダンゴさんと”裏”大黒部ダムカレーとのバトル
いつか、ぜひ見てみたいですね!!!

参加店一覧

©黒部ダムレー  Allrights  reserved