黒部ダムカレー誕生

黒部ダムカレーとは?

黒部ダムカレーの掟

黒部ダムカレーって何?

昭和40年代初頭から「アーチカレー」という名称で始まり、現在までほとんど形を変えることなく続く、人気商品です。

黒部ダムカレーの大きさは?

日本一を誇るアーチ式ドーム型の黒部ダム!!では各お店は?
答えは行ってのお楽しみ♪びっくり仰天かもしれません。

黒部ダムカレー物語

昭和32年5月、黒部ダムへ通じる大町トンネル(現:関電トンネル)工事も佳境に入ったまさにその時、工事現場は大破砕帯にぶつかり毎分40トンもの出水にみまわれてしまいました。水温はなんと4℃。
そのような厳しい環境のなかでも工事は24時間休みなく行われました。あまりの寒さに唇を紫色に腫らし震えながら戻ってきた作業員達が何よりも楽しみにしていたのが、当時は珍しかった“飯場”のカレーライスでした。
週に1回程度の割合で出されたカレーライスのひと口ひと口が胃の中で燃え上がり、冷え切った体を温めてくれたそうです。
このように黒部ダムの建設現場において作業員の心の拠り所でもあったカレーは、ダム完成後は大町クラブハウス(現:くろよんロイヤルホテル)で「アーチカレー」となって提供が始まり、昭和40年代初頭には、扇沢駅大食堂(現:扇沢レストハウス)で本格的に提供が開始され、今日に至っています。
そして、極寒の黒部で働いた作業員の皆様から、観光に来られた皆様に愛されたカレーライスは、平成21年7月に大町市内の15店舗がそれぞれのお店の思いを込めて、現代版“黒部ダムカレー”として販売することになりました。
黒部ダムの建設そして観光と共に歴史を刻んだカレーを是非ご賞味ください。

  • 黒部ダムカレーを知ろう!
  • 黒部ダムカレーを食べよう!
  • 黒部ダムカレーを食べにいこう!

Copyright © 黒部ダムカレー  Allrights  reserved