黒部ダムカレー誕生

組織情報アーカイブ

新年明けましておめでとうございます。

黒部ダムカレー事務局です。

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話にお世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします。

あっという間に駆け抜けてしまった2010年。
まさに気が付いたら年が変っていたという感じがしています。
テレビなどでは山陰地域で大雪が降ったり、
新年早々いろいろなニュースが飛び込んできていますね。

さて、今年の黒部ダムカレーはどうなっていくかというと・・・
まず、
黒部ダムカレーの団体を立ち上げます!!

これまでは特に組織というものを設けずにやってきました。、

しかしながら・・
やはりというか・・
そろそろというか・・・
 

応援してくださる方々もほんとにたくさんになってきて
お店に見える方もとってもたくさんになってきて
提供しているお店の方もすっごく一生懸命になってきて

やはり今のままではちょっと中途半端。

多方面からいろいろとご意見をいただくようになりましたこともあり、

じゃあ、ということで、

新年早々、
黒部ダムカレーの団体を立ち上げます!!

設立総会は、1月14日。

どんな組織にするのかもそこで話し合います。
いったいどんな意見がでるのでしょう?

でもこれで一定の情報共有ができることにもなりますので、
スタンプラリーなんかもできるようになりますよ、きっと。

そしたら、イベントなんかも開催できるかも。

2011年も黒部ダムカレーはがんばります。
どうか本年も応援よろしくお願いします!!!


今日のブログの最後は初日の出の画像をアップ。
元旦の大町市は残念ながら曇りでした。

朝焼けはきれいだったんですけどね。



そしてほんとにわずかな間、顔を出してくれました。
日の出?と思う方もいらっしゃるかも。
でも、とてもさわやかな光でした。


今年はもっともっと頑張ります。
いろんなご意見、お待ちしています。
どうぞよろしくお願いします!!

第2回黒部ダムカレー意見交換会速報!

黒部ダムカレー事務局です。

実は今日は関係者の方々にお集まりいただいて、会議をやりました。

いったい何のためって?
もちろん、黒部ダムカレー関係者による団体結成のためです。
いや、先月もやったんですね、この会議。
事業者さん同士で一同に会することってあんまりないらしく、そういった意味では
意義があるのかな?と感じてました。

それにしても、前回ご出席いただいたみなさん、すごく前向きでした。
せっかくここまできたんだから、がんばろうよ!って。

お店も7店舗から17店舗になったことから、全体のマネッジメントの必要性がでてきて
いるんですよね。
となるとやはりこれまでみたいに私たち事務局側と個々のお店さんとの調整はもちろん、
お店さん同士での情報共有も必要になるかと思います。

だからこそ組織化を!と考えていたわけですが・・・

でも、組織つくり、そして組織運営って難しいじゃないですか。
前回のブログでも書きましたが、メリットがある反面、もちろんデメリットが存在するんですね。

これまでの私たちは、
企画や情報PRなどはむしろ我々行政側。
実際に商品を作っていただき、お客様と接するのは事業者さんに委ねるという
まさに機能別組織で歩いてきたといえるでしょう。

このような形は役割分担が明確になっているので、ある意味それぞれの長所が生かせます。
その反面、私たちと事業者さんとの間に距離ができ、互いのお考えや意見が聞こえなくなりがち
ですし、事業者さん同士でも情報共有がしにくいといえるでしょう。
だから地域としての一体感の醸成というところまではなかなか行きにくいんですね。

なので・・今日の意見交換会を行うに当たり少し考えたんですよね。
事業部制やマトリックス組織制などから活かせるもの、何かないかな・・・と。

でも、そもそも指揮命令系統が存在しないわけですから、より複雑にしたところで
メリットがあるはずもない。

んーー、どうしたものか。
形ばかりのものを作ってしまうと、組織管理に労力をとられて本末転倒になりかねないし。
事業者さんに負担のかかるものなどもってのほかだし。

意見交換会開始は午後3時。
時間もなくなるし、どうしようかな・・・と悩んだところで、考えるのをやめました。

もともと市内飲食店をやられている方々はそれぞれに組合をお持ちです。
であれば、いままでの経験をお話していただいて、そこからメリット、デメリットを聞いたほうが
よっぽど実践的。
いただいた意見のなかで、メリットを生かしながらデメリットを最小限にできるような方向性に
すればいいわけですよね。
・・・そんなに悩むことないじゃん!

なので、今日はご出席いただいた皆さんから、率直なご意見をいただきました。
そしたら、やっぱり現場を熟知している方々の意見は新鮮。
もちろん、一体感や情報共有などのメリットが生まれることはあるにせよ、
基本的に事業者さんは一国一城の主であるわけですから、
団体の方向性とご自分の方向性が異なってくることもあるわけですし、
皆さん個々にお忙しいから、なかなか会議に出席できないこともある。
会議への出席状況=その方の熱意ととられることもあって、参加しにくくなるなど・・・

うーん・・・・
最適な形はどんなもの?
そもそも役場はどんなスタンスが好ましいんだろう?

少し停滞した空気が流れましたが、そこを破っていただいたのが
関電アメニックスのY次長。
「まだ黒部ダムカレーがはじまって1年経っていない状況であるから、もうしばらく今の形を
活かしたらいかがか?」

他の方々からも
「別に役職とかではなく、今の形態を活かして定期的に意見交換をする場を設ければよいのでは?」
とのご意見をいただきました。

うーむ、さすが!
これで決定!

ということで、
現状、もうしばらく私たちで事務局をやらせていただきながら、HP、ポスター、パンフなどの
PR関係、そして基本的は企画などをさせていただきます。
それて並行して、定期的に意見交換をするなかで、事業者さんからのご意見を伺って
事業者さんの情報PR、そしてイベント企画や出展などにつなげていくことになりました。

これまでの内容からゆるやかな繋がりにみえるかもしれませんが、
これ、れっきとした組織ですよ!

今日の意見交換会を通じて基本的なコンセプトは共有できたと思います。

行政としては「黒部ダムカレーを通じて大町市の認知度の向上を目指す。」
⇒だからこそ積極的なプロモーションを行います。
⇒認知度の向上は地域のブランディングにおける第一歩ですから。

事業者さんとしては「黒部ダムカレーを通じて各お店のPRにつなげ収益向上につなげる」
⇒だからこそそれぞれ魅力的な商品を提供していただく。

そして両者の取り組みが融合することにより、
地域に一体感あるイメージが形成され、結果、地域活性化の一助となる。・・・・といったところでしょうか。

なんだか、かっこよくまとめてしまいましたが、実際、これからも苦難の連続かもしれません。
それでも、これから先が楽しみにも思えます。
今日は他にもいくつか宿題をいただきましたので、このあたりしっかりケアしてから、次回の意見交換会、
実施したいと思います。

参加店一覧

©黒部ダムレー  Allrights  reserved