黒部ダムカレー誕生

B1グランプリアーカイブ

第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木!!その5

 黒部ダムカレー事務局です。


さて、ほんとに1週間継続してしまったこのシリーズ。
そろそろ完結させなければ・・・

ということで、昨日の続きから。

そうなんです。
何しろ予備知識なく、完全に場当たり的な偶然に頼る旅、ほとんど偶然な
出会いに期待して歩いていましたが・・・

それでも、こちらに行き着くことができました。




みなさまの縁をとりもつ隊 「甲府鳥もつ煮」”、ほんとにいろいろと考えられていました。

まずはこの鳥居。


なんたって、”とりもつ神社”ですからね。
B1のブース前に鳥居なんてすごい発想ですよね。
”鳥のもつ”に”縁をとりもつ”とかけてるんですね。

でも、なんだかご利益がありそうな感じがしてきました。

そしてこちらはパフォーマンスコーナー。
着ぐるみを着て、マイクパフォーマンスを加え、さらには巫女さんのカッコをした
女性がPRしたり・・・
とにかく活気がありました。




列に並んでから約20分。
目に入ってきたのはこの光景。
調理をされている方、すごい勢いでつくってました。
すっごく真剣な表情で。




その約5分後・・・
ようやくゲットしました!”みなさまの縁をとりもつ隊 「甲府鳥もつ煮」”



これ、容器の色も赤。
なんだか食べると運気が上昇するような感覚になってきます。
きっとそんなことも考えてチョイスしているんだろうな・・と思います。

そして肝心のお味のほうは・・

”うまい!!”これが第一声!
とにかくもつがやわらかくて弾力があって・・・
甘辛い味付けと相まってすばらしい!

材料としてはいわゆるB級を使っているのかもしれないけど、
味はしっかりA級だと思います。

・・・・・・・

B1グランプリ、今回で5回目ということですが、ほんとに市民権を得ましたね。
B1?というだけで、詳細なルールは別にして、ほとんどの方が内容を理解しています。
今回は厚木という都市圏で行われたこともありますが、43万人の動員!
これはすごいことですよね。
厚木のまちがB1一色になっていました。

さらにはレベルアップもすごい。
もはや食だけでは無理ではないかと。
4Pではないですが、商品力、価格、流通、はもちろん
プロモーションの部分が特に重要になるのでは。

ポスター、のぼりばたなどはもう必須。
さらに商品の歌や踊りもありましたし。
でも、あの人の集積の中で、来場者の記憶にとどめていただくためには
”そこに、さらに、もっと”という部分が不可欠ではないかと。

でもそこまでにいたるには、やはり組織力が必要ですね。
そして確固たる合意形成も。
みんなで同じベクトルを持たなければ、あそこまではできない。

だとすると、B1を目指す、参加するということ、イコール、地域のベクトル合わせになるのかな・・・
と思います。

地域の多数が自己主張がへただと思っています。
でもこれからは、自分の住んでいる地域のことをより多くの方にわかっていただくことが
必要です。知られていないものは存在していないと同じですから。

B1に参加するということは、
地域内では自己主張をするためのベクトル合わせが進み、
地域の外ではより多くの方に知っていただける・・・

とても魅力的な場所なのでしょうね。

さて、黒部ダムカレーは・・・

乞うご期待(汗)

第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木!!その4

 黒部ダムカレー事務局です。

なんだか長編になり始めてしまったB1シリーズ。

でも、お伝えしたいことがまだまだあって・・・
もう少しお付き合いをお願いします。(汗)

さて、厚木野球場をあとにして、第1会場へ向かおうかとしたときに目に入ったのが
下の看板。



まだ、こっちにも何かあるの?なんて感じで・・
次に目に入ったのが下の風景!



またまた人がこんなに集まってる!
と思って、河川敷に降りていきました。

すると、下はこんな感じで・・



もう、人、人、人。


おや?これは?


それに鳥居が見えてきました。



実はこちらが”みなさまの縁をとりもつ隊 「甲府鳥もつ煮」”なのですね!!

 




よし、間違いない!


こちらの男性に「どのくらい待ち?」とお聞きすると
「25分くらい・・・かな」とのお答え!

よっしゃ!ということで思わず並びました。

以下は次号へ!
(次回で完結させます!)
 

 

第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木!!その2

 黒部ダムカレー事務局です。


今日は早速昨日の続編を。

第2会場の風景をお届けします。

会場は”厚木野球場”なんです。実は。





うしろに見えるのはバックネットですね。




販売ブースが見えてきました。


とにかく人、人、人!!!





バックネット前がステージ!
出展者のパフォーマンスが続いていました。



実はこの会場、もっともっと広いんです。
明日はそちらもご紹介します!
乞うご期待!!

第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木!!

 黒部ダムカレー事務局です。

さて、昨日のブログでもご紹介しましたが、
今日から
第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木が開催されています。

去年は秋田県横手市で開催されたのですが、今年は関東で開催!ということで、
また例年通り?、無計画で突入してきました。

これは懐かしい?事務局の通勤路!ですが・・・


車を3時間ほど走らせると、こんな風景が。

このままではよくわからないですね。
実はこの先に、第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木
会場があるのです!

ちょっと車を降りた場所が違ったか?
とにかく会場を探して歩きます!




この道を信じて進んでいくと・・・
おお!ようやくイベント会場っぽい風景が。



まちがってなかった!
第2会場でした!





もう一度確認。
うーん、大丈夫。
第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木の第2会場ですね!



そのアナウンスを信じて、足を進めていくと・・・
人の集まっている圧力を感じ始めました・・・



少し足を進めると・・

うぉー、第2会場なのに、なんだこの人間の集積は!!


ここは厚木野球場!
普段は野球をする場所です。

それが・・・

こんな・・・

人間であふれかえるなんて・・・

想像もできませんでした。

とにかく、人・人・人・・・

いきなり第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木
パワーを感じさせられました。

この先は・・・
次号ご紹介します!!乞うご期待!!!

明日はいよいよB-1グランプリin厚木!

黒部ダムカレー事務局です。

猛暑から急に秋へと舵が切られた気がしますね。
日中の気温もそうですが、朝晩の冷え方は完全に秋!
長袖を一枚はおらないと風邪をひくかも・・・という雰囲気の信州:大町市です。


さて、今日のタイトルの件。

いよいよ明日から第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木

が始まります。

今回の出展団体は全部で46団体!
昨年度の覇者、”秋田県 横手市の 横手やきそば”はもちろん、
地元、神奈川県 厚木市からは ”厚木シロコロ・ホルモン”が、
そして昨年度、元祖B1である静岡県 富士宮市 の”富士宮やきそば”、
毎年2位に甘んじている青森県 八戸市の” 八戸せんべい汁”も
出展されます。

長野県からは駒ヶ根市の ”駒ヶ根ソースかつ丼”が出場!
岐阜県 郡上市 の”奥美濃カレーひっちゃく棒”も気になるところです。

話が前後してしまいますが、今年の開催地は神奈川県厚木市。
すでに渋滞情報、駐車場はきびしいなどの情報が寄せられています。

なんといっても都会での開催ですから、公共交通機関の利用がベストかもしれません。

さて、今年はどんなドラマが待っているのでしょうか?
わくわくしてきますね!

B1グランプリ in YOKOTE!! その5

ずっとのびのびになっていたB1報告、ようやく完結させます(-_-;)

先日のブログでも少し触れましたが、今回B1の会場になった秋田県横手市、平成の大合併により、
8市町村が一緒になって、人口約10万人のまちが構成されているということです。

では、旧横手市だけの人口ならどうかというと、約4万人ぐらいなんですね。
今の大町市の人口が約3万人ですから、そう大きくは違わないんです。
そして今回のB1の来場者数はというと、2日間で26万8千人(主催者発表)!!!

想像できますか?26万8千人!
人口の7倍以上の人間がそのまちに終結するんです。
住民の方にとっても、まさにひとつの衝撃が走ったのではないでしょうか?

さて、当日の様子です。

中心市街地特設会場から秋田ふるさと村特設会場へ。
こちらも人がいるいる!
すごい集客力ですね。


全体の広さは・・・
大町市文化会館駐車場の2倍くらいかな・・・(地元ネタですみませんm(__)m)
かなり広いスペースでした。よくこんな施設があるなと思ったくらいなので・・


一番左のブースに富士宮やきそばを発見!こちらも並んでました。
なにしろ120分待ち・・・2時間並んで待っていなければ食べられない!!



少し遠くから眺めると・・こんな感じです!圧巻・・ですね!!
人がのぼり旗と反対方向に向いているのがわかります?
一列では並びきれなくて列が幾重にもなってしまっているんですよ!



会場ではさまざまなプロモーションが催されていました。
コスプレや地元のレディースなんかあたりまえ!
地元バンドによるPRなんかもありました。

横手やきそばのPR風景です。
本格的でしたよ。
最後のフレーズ、「横手やきそば”宇宙一”!」でした!!




時間の関係で、シャトルバスに乗り込み中心市街地の特設会場へ。
(結局、やきそば食べられませんでした。2時間は待てなかったです(__))

約2時間後、もとの会場へ戻ってみても”このとおり”
さっきより人増えているんじゃないの?


一応、報告はここまで。

今回のB1、あまり時間がなかったので、ほんとうに表面しか見ることができませんでしたが、
それでもたくさんの驚きに触れることとなりました。

集客力のすごさは当然ですが、主催者側の企画力もそうですし、このイベントを受け入れることができた
横手市の方々も率直にすごいと思います。
裏方の方にお聞きしたら、行政はもちろん、会議所や学生、そしてボランティアとさまざまな立場で
このイベント運営に参加しているとのこと。

富士宮やきそば学会の渡邉さんもおっしゃってました。
「横手市はそれぞれの連携がとてもよかった。だからこそ運営がスムーズだった」と。

イベントの成功はもちろん、こういった経験がより市町村合併の”その後”を円滑にするのでは
ないでしょうか?

今後の横手市についても興味がでてきてしまいました。

さぁ、これからは大町でもがんばらなくては!

今回お世話になった皆様、ほんとうにありがとうございました。

B1グランプリ in YOKOTE!! その4

ようやく次の会場へ向かうバスが見えてきました。
30分ほど並んだかな?


15分ほど乗車しました。 なんとか「秋田ふるさと村特設会場」へ到着




富士宮やきそばを探す・・・あ!左端に発見!!

 

しかし・・・120分待ち!! 周りは幾重の行列が・・・
でも皆さん結構楽しそうに並んでましたね。

時間切れ・・続きはまた!(次で完結させます!)

B1グランプリ in YOKOTE その3

サーバーが復旧したみたいです。
写真がアップロードできます!豚のさんぽさん、感謝です!!

さて、B1の報告にもどります。
中心市街地会場の様子 もう、人!人!人!




浜松餃子、90分待ちでした!列ももうどうなっているんだか?
係員の方、声を張り上げてがんばって案内されていました。



別の会場へ向かおうとシャトルバスの乗り場へ。最後尾はどこ!?



何分か歩いて、ようやく最後尾発見!!



真ん中に黄色のイベントゲートがあるのがわかります?
バスはそのあたりに来る・・・ってどのくらい待てばいいんだ!!


続きはまた・・(長編になってしまった)
 

B1グランプリ in YOKOTE その2

さて、B1グランプリの続編です。

今日、サーバーの調子が悪いみたいで、画像のアップロードができません。
とりあえず、文章だけでご紹介させていただきますが、
前回ブログの写真などから、当日の状況をイメージいただきますと幸いです。
 
今回のグランプリは会場が2つに分けられていました。
「中心市街地会場」と「秋田ふるさと村特設会場」の2箇所です。
 
自分が最初に訪れたのは「中心市街地会場」。
繰り返しますが、会場の周辺はほんとに静かなんです。
駅もそれほどでもなかったし・・
 
それが、会場では、とにかく人の多さに圧倒されて、まったく会場の雰囲気に
なじめない状況が続きました。
全体像がつかめない自分を尻目に、前後左右から来場者がわんさか集まってきます。
 
10分ぐらい?会場をさまよって、ようやく雰囲気に馴染んできました。
早速、お目当ての出展料理をを探します。
富士宮やきそば、横手やきそば、厚木シロコロ・ホルモン、富良野オムカレー・・・
 
ところが人気ブースで料理を買うにも大変です。
並んでいるお客さんの数が尋常じゃないから、列が1列では足りないんです。
4重、5重の列ができていて、それが一緒に見えたりするから、この列は
どの料理の列なのかよくわからない!
案内の人、案内板を持って一生懸命声を張り上げていてくれたからなんとか
並べたけど、係りの人がいなかったら、どこが最後尾なのかまったくわかりませんでした。
 
人気メニューの待ち時間も半端なし。
お昼に近いこともあったせいか、60分待ちは当たり前。
中には90分以上のところもありましたよ。
 
さて、並び時間が半端ないんで、報道陣などの横に紛れ込んで、出展されている人たちの
様子を見ることを優先。
出展者の方々の自分の地域に対する”思い”みたいなものを感じましたね・・・
ただ商品を提供しているのではなくて、もっと奥にあるというか・・うまくいえないど・・
それが会場全体の熱気になってお客さんもヒートアップしてるように思えました。
 
とりあえず、今日はここまで。
 
あー、なんで写真がアップロードできないんだろう?
状況確認して、またお見せしますね。

B1グランプリ in YOKOTE!!

第4回B1グランプリinYOKOTE
※休日モード

B1グランプリ、うーん、どうしても実際に見てみたい・・見なきゃ、行かなきゃ・・と気持ちは
どんどんレッドゾーンへ。
自分の車なら移動も楽だし。
今なら高速も1,000円か・・・と思って、気がついたらすでに新潟を越えて福島県。
ほんとに無鉄砲に飛び出してしまった。
持ってる荷物、近くのコンビニにいくのとほとんど変わらないぞ・・これ!
幸いパソコン持っていた。これだけはラッキー!!
いまさらながら、”どらぷら”で距離を確認。
700km弱・・6時間ほど?

でも、頭の中で秋田県の位置がいまひとつイメージできてなかった。
長野から秋田?
SAなんかでようやく地図を入手。
ナビはあっても、やっぱり全体図は欲しい。
物産なんかでトラックでの長距離移動慣れてるつもりだったんだけど、
高速使ってもやっぱり遠いものは遠いんだ。
しかもシルバーウィーク!!
自家用車なら日帰りできるかもなんて考えていたことがいまさならながら恐ろしい。
物理的に無理なものはやっぱり無理ですね。一泊することを決断。

秋田県横手市をあらためて紹介します。
平成17年10月1日に 横手市(よこてし)、増田町(ますだまち)、平鹿町(ひらかまち)、雄物川町(おものがわまち)、大森町(おおもりまち)、十文字町(じゅうもんじまち)、山内村(さんないむら)、大雄村(たいゆうむら)の1市5町2村による合計8市町村!の合併により新横手市となったとのこと。
●総面積:  693.04平方km
●人口:
  男  48,811人
  女  54,841人
  計 103,652人
●世帯数:  31,669世帯 (平成17年国勢調査)
※横手市ホームページより


さて、B1グランプリ。

これまで比較的に韋駄天ドライブできたけど、さすがに横手IC手前になると
渋滞が・・・ 


多くの県外車が向かう後についていきながら市街地へ行くと、無事駐車場を発見!
満車表示になってましたが、係員さんにお話したら入れてもらえた。ラッキー!!

駐車して荷物おろして、そそくさと会場へ。
駅周辺は閑散としてました。
市街地の路地でもあんまり人は見かけなかった。
路地から会場につながるメイン通りに出た瞬間・・・
そしたら・・

ええ!?


えええ!??? なんだこれ!



もう人、人、人!!!!


とにかく、B1グランプリのパワー、体感してきました!!
体力的に今日は限界・・
詳細はまた。


 

B-1グランプリが始まりましたね!

さぁ、今日からいよいよB-1グランプリが始まりましたね!
このイベントは、B級ご当地グルメの祭典!
第4回を迎える今年は秋田県横手市で開催されています。
会場には日本全国から26のB級グルメが終結しているとのこと。
マスコミの注目度もすごいですね!
テレビのニュースでもたくさん取り上げられていました。

さて、そちらにはもちろん「富士宮焼きそば」も参戦していますが、
富士宮やきそば学会の会長である渡邉英彦さんが、いよいよ来週の
金曜日、「地域ブランド連続講座」の講師として大町市においでいただく
ことになっています。
渡邉会長のお話のクオリティーの高さは自他共に認めるところ。
早くお会いしたいです!!
詳細はこちらを→http://kurobedam-curry.com/blog/2009/09/post-5.html

参加店一覧

©黒部ダムレー  Allrights  reserved