黒部ダムカレー誕生

2010年9月アーカイブ

ちょっとお得なクーポン券がスタート!!

 黒部ダムカレー事務局です。

明日からいよいよ10月に突入ですね。
そして信州DCも明日からスタート。

先日のブログでも少しご紹介させていただきましたが、
このキャンペーンにあわせて、黒部ダムカレーでも、「ちょっとお得なクーポン券」を
準備いたしました。

詳細は以下のとおりです。

JR信濃大町駅構内の大町市観光協会で配布しています。


ぜひこの機会に黒部ダムカレーをお試しくださいね!


お店の名前キャンペーンでのサービス内容
黒部ダムレストハウス売店ソフトクリーム&コーヒーの割引券進呈
レストラン扇沢黒部ダムカレーを100円割引
くろよんロイヤルホテル黒部ダムカレーをお召し上がりの方は温泉入浴700円→400円
豚のさんぽ 黒部ダムカレーを100円割引
北アルプスの食卓ホットコーヒーをサービス
ビストロ傳刀 バニラアイスクリームをサービス
Shanti Loage 黒部ダムカレーを100円割引orハンドドリップコーヒーをサービス
ビストロカフェ ミルフィーユ オリジナルデザートをサービス
居酒屋 花山 ミニアイスクリームをサービス
お食事処 三洛黒部ダムカレーを100円割引
ねむの木 ミニスイーツをサービス
こまつうどん店 大町黒豚肉のうま煮小鉢をサービス
薬師の湯  黒部ダムカレーを50円割引


TOKYO商店街担当情報交換の広場

黒部ダムカレー事務局です。

今日は東京遠征。

都庁で開催された”TOKYO商店街担当情報交換の広場”に
参加させていただきました。

というのは、姉妹都市、立川市の取り組みが事例として紹介されるということなので、
特に勉強させていただこうと。

東京都庁で開催されたこの会議。
ほとんど連れてきていただいたともいえる状況でした。




担当された方々の事例紹介がされていきます。

 







都会と地方では人口から始まって、そもそも立ち位置が違うのは当然です。
でも、そのあと行われたディスカッションでの議論をよくお聞きすると、
規模は違えど、抱えている悩みは共通しているのかな・・とも思えました。

ともすると「規模が違うから」という理由で地元地域にできるだけ近い地域の事例を
引っ張ってくることが往々にしてあります。
もちろん、それはそれで意味があること。
でも、そういったアシカセをあえて外して考えてみることも有効なのでは・・と感じることも多々。
いずれにしても、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

10月の終わり、そして11月の初めにはまたまた立川市でのイベントに参加させていただきます。
信州の秋の味覚を楽しんでいただきたいと思っています。
乞うご期待!!

ちょっとお得なクーポン券!

黒部ダムカレー事務局です。

日に日に秋が深まる信州 です。
9月も終わりに近づく信州です。
もうすぐ10月を迎える信州です。

クールビズもいよいよ終了近し。

・・・・
10月といえば・・・

そう!信州デスティネーションキャンペーンがいよいよ10月からスタートしますね!

※デスティネーションキャンペーンとは、Destination(目的地・行き先)とCampaign(宣伝)の合成語で、
JRグループとタイアップした大型観光キャンペーンです。
平成22年10月から3ヶ月間、全国のJR6社と長野県内の観光関係者や市町村等が一体となって
「信州デスティネーションキャンペーン(信州DC)」を展開します。 また、このキャンペーンを契機として、
地域の関係者が一体となって観光に繋がる資源を磨きあげ、地域に観光客を誘致する継続的なシステムを
造り、地域の活性化を図ります。(信州DCホームページより転載)

秋から年末にかけて、3ヶ月間行われるこのロングキャンペーンでは紅葉そして初冬の信州を
お楽しみいただけますね。

そして・・・
このDCにあわせて・・・

黒部ダムカレーでもちょっとお得なクーポンを準備させていただきました。
信州デスティネーションキャンペーンの開始に合わせて配布させていただく予定です。

詳細は明日、あらためてアップさせていただきますね。
乞うご期待!

 

秋!

 黒部ダムカレー事務局です。

東京でも20℃をきったというニュースを耳にしましたが、
ほんとに、いっきに、確実に!
季節は秋へ向かっていますね。

自宅ではあまりの暑さに、思わず買ってしまった冷風扇が、
ぽつんと立っています。
夏のあいだ、これでもか!というくらい酷使してしまった冷風扇。
いまでは、手持ち無沙汰な感じです。
今年の苦労をねぎらう意味でも、きちんとメンテナンスしてあげてから
押入れに入れてあげたいですね。

さて、今日のタイトルは”秋”
いまさらですけど、ほんとに秋の雰囲気でいっぱいの大町です。

先週末は地元に書類を届ける仕事があって、
自転車で走り回っていたんです。

幸い両日とも良い天気。
気持ちよく走っていましたが、そのときの風景が下の写真です。

先週、ちょっと天候が崩れていたため、農作業が進まなかったのですけど、
その分、この2日間は地域いっせいに稲刈りモードへ。

稲刈りが進みます。
奥に見えるのは導水路。



少しアップにしてみました。


こちらの稲刈りはこれからみたいですね。



ちょっと雲はみえますが、青空がまぶしい!
まさに稲刈り日和!


さて、今週末になると、いよいよ10月に突入です。
10月はイベント満載に季節。

ブログでは、今後の出展予定や地元でもおもてなし情報なども
ご紹介していきたいと思っています。
乞うご期待!
 

"楽市楽座 カレーフェスタ2010 inやまびこドーム!"

 黒部ダムカレー事務局です。

気がつけば、もう目の前に10月という文字が見えてきました。

となると・・・
今年も残すところ・・・

あと3ヶ月!!

ね!あと3ヶ月で新年になってしまうんですよ!

今年は暑さが続いたので、まだ夏と錯覚してましたが、
冷静になってみると、
そして季節が冷静になってしまったので、余計に気持ちも冷静に
なってきましたが、
あと3ヶ月で2010年とはお別れなんですね。

そっか。
2010と聞くと、なんだか終わらない夏を感じていましたが、
いざ夏が終わってみると、短い秋、そして冬に直行するわけですね。

さて、今日のタイトルの件!
短い秋といえども、秋は秋!

スポーツの秋!
読書の秋!
そして・・・もちろん食欲の秋!

多くの方の望みはやっぱり食欲ですよね!
10月には各地でさまざまなイベントが開催されますが、
黒部ダムカレーも積極的に参加いたします。

さて、ここでようやく本日のタイトルの件!

今回で21回目迎えるという伝統あるイベント、「信濃の国 ”楽市楽座”~諸国の秋~」。
このイベントには、昨年13万人が訪れたそうです。

そして、この信州最大級のイベントに、ついに長野県初カレーゾーンが誕生!!
その名も「楽市楽座カレーフェスタ2010!」 

現在、出展者を募集中ということですが、
黒部ダムカレーは出展決定です!!

他にも、関係者の方々が、出展交渉をしておりますが、
事務局も少しお手伝いさせていただいて、楽しいイベントに
したいと思っています。

気になる開催日は10月23日、24日!
松本平広域公園 信州スカイパーク「やまびこドーム」とその周辺での開催です。

果たしてどんなイベントになるか?

まだまだ決まっていないこともありますが、
逆に言うと、果たしてどんな展開が待っているのか・・何かうずうずしてきますね。

黒部ダムカレー事務局もこのイベントには全力投球いたします。

詳細は以下のとおり。
乞うご期待!

名称:      第21回 信濃の国 楽市楽座 ~諸国の秋~
開催場所:   松本平広域公園 信州スカイパーク「やまびこドーム」とその周辺
開催日時:   2010年10月23日(土)・24日(日)共に10時~16時
主催:      信濃の国 楽市楽座実行委員会
構成団体:   長野県/松本市/松本市教育委員会/塩尻市/松本広域連合/
          松本商工会議所/SBC信越 放送/信濃毎日新聞社
お問い合わせ: SBC信越放送 松本放送局 営業部 
後援:      長野市長会/長野県町村会/長野県商工会議所連合会/
          長野県商工会連合会/長野県中小企業団体中央会/信州農産物PR協会

北アルプス山麓ライド in 大町鹿島槍 2010!

 黒部ダムカレー事務局です。

まさに、ほんとに、秋に一直線!という感じの長野県大町市。
車のエアコンも、気がつけば冷風から温風へ切り替わっていました。
ここ数日の天候がいまひとつだったので、農作業が進んでいなかったのですが、
今日は久しぶりに快晴!
周辺では稲刈りがいっせいに行われていました。

さて、今日のタイトルの件。

以前にもご紹介させていただきましたが、
長野県大町市は鹿島槍ヶ岳(2,889m)、爺ヶ岳(2,670m)、蓮華岳(2,799m)などの秀峰をそろえた
北アルプスの麓に位置しています。
そして忘れてはいけないのが、大町市の北に位置する仁科三湖
日本有数の透明度を誇る青木湖、中綱湖、木崎湖から構成されています。

さわやかな紅葉が彩り始めた北アルプス山麓を見ながら、秋の空気をまとった仁科三湖の湖畔を、
自転車で思い思いのペースで楽しみながら走っていただけるナイスなイベントが開催されますよ!


そのイベントとは、北アルプス山麓ライド in 大町鹿島槍 2010

仁科三湖の美しい湖水を巡って信州・大町の大自然を満喫できる自転車ツアーライドです!!

自転車に乗って、ゆっくりと初秋を迎えた信州の自然を満喫しませんか?


大会要項
(北アルプス山麓ライドin大町鹿島槍2010 HPより転載)

名  称北アルプス山麓ライドin大町鹿島槍2010
主  催北アルプス山麓ライド実行委員会
特別協賛株式会社ベネフィット・ワン
後  援大町市大町市商工会議所大町市観光協会大町温泉郷観光協会国営アルプスあづみの公園事務所くろよんロイヤルホテル松本大学観光ホスピタリティ学科朝日新聞信濃毎日新聞大糸タイムスFM長野長野朝日放送
開催日程

2010年10月9日(土)受付、ウェルカムパーティー

2010年10月10日(日)ライド、自然体験

開催場所長野県大町市 鹿島槍スポーツヴィレッジ(鹿島槍スキー場)
実施内容北アルプス、仁科三湖(青木湖・中綱湖・木崎湖)を望む長野県大町市にて、自転車で走りながら雄大な景観と秋の自然を満喫しましょう。信州の地域色豊かなおもてなしで歓迎いたします。
コース

■60kmコース
鹿島槍スポーツヴィレッジ(スタート)→ 青木湖 → 木崎湖 → 国営アルプスあづみの公園【大町・松川地区】 → 高瀬入 → 日向山高原 → 大町温泉郷 → 爺が岳スキー場 → 鹿島槍スポーツヴィレッジ(ゴール)
湖畔周辺をほぼ平坦に走った後、緩やかに下りながらアルプスあづみの公園まで行き、一つの峠を挟み最後ややハードな上りをクリアしてゴールです。
※ エイドステーション 3ヶ所

■30kmコース
鹿島槍スポーツヴィレッジ(スタート)→ 中綱湖 → 青木湖 → 木崎湖 → 爺ヶ岳スキー場 → 鹿島槍スポーツヴィレッジ(ゴール)
※ エイドステーション 2ヶ所

■自然体験
同行の方で自転車に乗らない方向けに、鹿島槍スポーツヴィレッジのある黒沢高原をガイドがご案内します。黒沢高原の周りをお散歩しながら、秋の自然を観察します。

日  程
10月9日(土)13:00 〜 16:00受付
16:30 〜 18:00燻製作り・振る舞い、星空観察会
開会式・ウェルカムパーティ
10月10日(日)8:15参加者集合
8:3060kmコーススタート
8:4530kmコーススタート
9:00 〜 10:30自然体験
15:00クロージング
参加資格小学4年生以上の健康な方(未成年の方は保護者の同意が必要)
使用自転車形式は問いませんが、一般自転車(ママチャリ等)では最後の坂が困難ですのでお控え下さい。
参加費ライド大人 6,000円(パーティ・保険含む)
ライド子供 4,000円(パーティ・保険含む ※中学生以下)
自然体験  2,000円(パーティ・保険含む)
オプション レンタサイクル 2,000円
オプション 宿泊一泊2食  4,900円
(鹿島槍スポーツヴィレッジ内ドミトリー Tel.0261-23-1231)
その他での宿泊は大町市観光協会(0261-22-0190)へお問い合わせ下さい。
定  員300名(定員になり次第締め切らせていただきます。)
申込締切9月30日(木)必着とします。☆締切日を10月4日(月)に変更しました。

そうそう、申込期間が4日間延長され10月4日(月)となったとのことです!!
お申し込みはこちらからどうぞ⇒北アルプス山麓ライドin大町鹿島槍2010 お申し込みページ

 

 

一気に秋へ・・・

 黒部ダムカレー事務局です。

昨日のブログにも書きましたが、一気に秋に直行している長野県大町市です。
秋の雰囲気・・・なんてものではありません。

完全に秋です、秋!

これまで30℃近辺をずーっとうろうろしていた温度計も、一気に守備範囲を
変えてきました。

少しわかりにくいですが、これは先月下旬撮影したもの。
下の方に40℃という標記がありますね。


これは松本市での撮影。
それでもこのとき大町でも36℃くらいあったかと。

それが・・・

これは一昨日の撮影ですが・・・




13.5℃・・・?

えーと、40℃から13.5℃を引くと・・・

26.5・・・?※電卓使ったです。

一月でこれだけ気温が下がると・・・

それに、この前日まで28℃くらいはあったので、
思い切り気温が下がっているわけです。

でも、人間って面白いもので、これだけ急激に気温が下がっても
これまで(ここ2、3ヶ月?)着てきた服装を急には変えないものですね。

これから1週間ほどは、夏versionの服装と秋versionの服装が混在する感じですね。

事務局は・・・
実は夏もずっと長袖を着ていたので・・・・
どうしようかな・・・w


あっ、そうそう。
一番お伝えしなけばいけないことを忘れそう。

シルバーウィークもいよいよ今週末までですね。
ですので、信州旅行をお考えの方は、ぜひ一枚多めに、暖かい洋服をご準備ください!

大町エリアの秋山情報と紅葉情報!

黒部ダムカレー事務局です。

猛暑から完全に秋モードに入った長野県大町市。
残念ながら今日は雨となりましたが、これからはいよいよ紅葉が
楽しめる季節ですね!

そんな中、大町市観光課より大町エリアの秋山情報をいただきましたので、
早速ご紹介いたします。

夏、暑い日が続いた後、急激に冷えると、その年の紅葉はすばらしい
色づきになるそうです。
ということは・・・

ことしの秋は楽しみですね!!

※以下、大町市観光課よりいただいた文章を原文転載。
********************************************************************* 
★☆☆★
**********************************************************************

☆種池山荘、冷池山荘、新越山荘三代目オーナーの柏原一正さんから、秋山
情報をお寄せいただきましたのでお届けします。

----------------------------------------------------------------------

・好天に恵まれた敬老の日3連休も終わり、鹿島槍ヶ岳、爺ヶ岳周辺ははいよ
いよ紅葉シーズンへと突入です。
昨年のシルバーウィークはここ10年ではかなり早くに始まった紅葉で盛り
上がりましたが、今秋は最近の流れに戻り、紅葉は今まさに始まったところ
です。
人気の爺ヶ岳・種池山荘周辺の紅葉は9月末ごろに見頃を迎えそうです。
そのあとは日に日に紅葉前線はその高さを下げて大下降を進めます。体育の
日連休ごろまでどこかの高さで紅葉が楽しめます。みなさんも一足早い北ア
ルプスの紅葉をたのしみに秋山登山に挑戦下さい。このあと秋分の日以降
は一気に温度も大下降とか・・・ 初氷や初雪の便りを皆さんにお届けす
るのもいよいよ近づいてきた感じです。まだアイゼンとかピッケルとかは
必要ありませんが、暖かな服装でお越し下さい。手袋もお忘れなく!

(記事・画像提供  柏原一正氏)








------------------------------------------------------------------------

☆紅葉情報

高瀬渓谷は、高瀬ダム周辺まだ青葉です。
見頃は例年並みの10月中旬くらいから11月上旬くらいになるのではと予想
しています。
高瀬ダム周辺から葛温泉、大町ダム周辺と高低差がある大きな渓谷で、見事な
紅葉が長く楽しめます。絶景ポイントも多く、カメラマンの方にとってもおす
すめです。

「高瀬渓谷」


「大町ダム湖」

第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木!!その5

 黒部ダムカレー事務局です。


さて、ほんとに1週間継続してしまったこのシリーズ。
そろそろ完結させなければ・・・

ということで、昨日の続きから。

そうなんです。
何しろ予備知識なく、完全に場当たり的な偶然に頼る旅、ほとんど偶然な
出会いに期待して歩いていましたが・・・

それでも、こちらに行き着くことができました。




みなさまの縁をとりもつ隊 「甲府鳥もつ煮」”、ほんとにいろいろと考えられていました。

まずはこの鳥居。


なんたって、”とりもつ神社”ですからね。
B1のブース前に鳥居なんてすごい発想ですよね。
”鳥のもつ”に”縁をとりもつ”とかけてるんですね。

でも、なんだかご利益がありそうな感じがしてきました。

そしてこちらはパフォーマンスコーナー。
着ぐるみを着て、マイクパフォーマンスを加え、さらには巫女さんのカッコをした
女性がPRしたり・・・
とにかく活気がありました。




列に並んでから約20分。
目に入ってきたのはこの光景。
調理をされている方、すごい勢いでつくってました。
すっごく真剣な表情で。




その約5分後・・・
ようやくゲットしました!”みなさまの縁をとりもつ隊 「甲府鳥もつ煮」”



これ、容器の色も赤。
なんだか食べると運気が上昇するような感覚になってきます。
きっとそんなことも考えてチョイスしているんだろうな・・と思います。

そして肝心のお味のほうは・・

”うまい!!”これが第一声!
とにかくもつがやわらかくて弾力があって・・・
甘辛い味付けと相まってすばらしい!

材料としてはいわゆるB級を使っているのかもしれないけど、
味はしっかりA級だと思います。

・・・・・・・

B1グランプリ、今回で5回目ということですが、ほんとに市民権を得ましたね。
B1?というだけで、詳細なルールは別にして、ほとんどの方が内容を理解しています。
今回は厚木という都市圏で行われたこともありますが、43万人の動員!
これはすごいことですよね。
厚木のまちがB1一色になっていました。

さらにはレベルアップもすごい。
もはや食だけでは無理ではないかと。
4Pではないですが、商品力、価格、流通、はもちろん
プロモーションの部分が特に重要になるのでは。

ポスター、のぼりばたなどはもう必須。
さらに商品の歌や踊りもありましたし。
でも、あの人の集積の中で、来場者の記憶にとどめていただくためには
”そこに、さらに、もっと”という部分が不可欠ではないかと。

でもそこまでにいたるには、やはり組織力が必要ですね。
そして確固たる合意形成も。
みんなで同じベクトルを持たなければ、あそこまではできない。

だとすると、B1を目指す、参加するということ、イコール、地域のベクトル合わせになるのかな・・・
と思います。

地域の多数が自己主張がへただと思っています。
でもこれからは、自分の住んでいる地域のことをより多くの方にわかっていただくことが
必要です。知られていないものは存在していないと同じですから。

B1に参加するということは、
地域内では自己主張をするためのベクトル合わせが進み、
地域の外ではより多くの方に知っていただける・・・

とても魅力的な場所なのでしょうね。

さて、黒部ダムカレーは・・・

乞うご期待(汗)

第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木!!その4

 黒部ダムカレー事務局です。

なんだか長編になり始めてしまったB1シリーズ。

でも、お伝えしたいことがまだまだあって・・・
もう少しお付き合いをお願いします。(汗)

さて、厚木野球場をあとにして、第1会場へ向かおうかとしたときに目に入ったのが
下の看板。



まだ、こっちにも何かあるの?なんて感じで・・
次に目に入ったのが下の風景!



またまた人がこんなに集まってる!
と思って、河川敷に降りていきました。

すると、下はこんな感じで・・



もう、人、人、人。


おや?これは?


それに鳥居が見えてきました。



実はこちらが”みなさまの縁をとりもつ隊 「甲府鳥もつ煮」”なのですね!!

 




よし、間違いない!


こちらの男性に「どのくらい待ち?」とお聞きすると
「25分くらい・・・かな」とのお答え!

よっしゃ!ということで思わず並びました。

以下は次号へ!
(次回で完結させます!)
 

 

第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木!!その3

 黒部ダムカレー事務局です。

B1ここグランプリのご報告、今日で3日目になります。


すでにイベントは終了していますので結果をご存知の方もおられるかと思いますが、
ここであらためて今回の結果をご紹介しますと、
 

 

ゴールドグランプリ
みなさまの縁をとりもつ隊 「甲府鳥もつ煮
箸の重量:42,110g
 
シルバーグランプリ
ひるぜん焼そば好いとん会 「ひるぜん焼そば
箸の重量:41,520g
 
ブロンズグランプリ
八戸せんべい汁研究所 「八戸せんべい汁
箸の重量:39,600g
 

  という結果になったことです。※B-1グランプリin厚木公式サイト」より転載

甲府鳥もつ煮、名立たる強豪を押しのけて、一気に頂点へ駆け上がりました。
ほんとうに快挙、すばらしい!の一言です!
地道に、ぞして確実に活動されてきたことが実を結んだのでしょう。
本当におめでとうございます。


さて、タイトルの件。
結果がでてしまったあとですが、会場の状況などを中心に、
少し報告をしたいと思います。

今回のイベント、”B-1グランプリin厚木”は
(1)B-1グランプリ第1会場(イトーヨーカドー駐車場)
(2)B-1グランプリ第2会場(厚木野球場)
(3)ロコフードフェスタKANAGAWA会場(厚木中央公園)

上記2つの会場ではB1が、そして、厚木中央公園では、
神奈川県内のご当地料理、地元めし、ローカルフードなど
地元の特色を生かした料理や食を集めた、ロコフードフェスタが
B-1グランプリin厚木と同時開催された・・という構成になっています。

そして黒部ダムカレー事務局はというと・・・
もともと基本的な理解をしないで動いてしまうという習性があるので・・・

会場の近くあたりと思われるところに到着してからうろうろし始めたわけです。

当日、ホテルに駐車場の使用について伺ったところ、
「今日は・・・」というつれない返事。
※冷静に考えると”当然”な応対なのですが。

となればコインパーキング。
夜間はともかく、日中はそれなりにコストがかかるけど、まぁ、仕方ない・・
と思いながら、国道246を南下中に目にしたのは、




駐車後24時間最大900円・・・?
900円・・?

ホテルに停めるより安いじゃん!
ということで、速攻で決定!!

ここからさまよい始めて・・・
多分この辺・・・?
ということでたどりついたのが、第2会場「厚木野球場」でした。

こうして昨日までのブログの内容に行き着くということです(汗)

この第2会場「厚木野球場」、最初は野球場とも思えず、
ここは何?なんて思ってました。

だって、会場はこの状態だし。




でも、この風景を見た瞬間、やっと野球場だと実感!

ダッグアウトでくつろぐ人々・・・


ここ、とても快適なスペースです。
だって、座るところがあるし。
なによりも直射日光から避難できるし。

ねっ!ダッグアウトでしょ!!




B1グランプリの弱点?としてあげられるのは、多分お客様の飲食スペース・・?
これはいたしかたないところだけど。
これを、お客さま自身で開拓してました。うーん、さすが!


そして、こちらの会場には、奥美濃カレーさんも出展!



この会場を一望してみる場所からみるとこんな感じでした。



手前の青い屋根がダッグアウトです。


しかし、こちらの会場はこれだけではありませんでした。
このおとなりの河川敷にも、すさまじい広さの会場が!


実はこちらでもすさまじいバトルが行われていました!!

詳細は次号へ!!

 

第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木!!その2

 黒部ダムカレー事務局です。


今日は早速昨日の続編を。

第2会場の風景をお届けします。

会場は”厚木野球場”なんです。実は。





うしろに見えるのはバックネットですね。




販売ブースが見えてきました。


とにかく人、人、人!!!





バックネット前がステージ!
出展者のパフォーマンスが続いていました。



実はこの会場、もっともっと広いんです。
明日はそちらもご紹介します!
乞うご期待!!

第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木!!

 黒部ダムカレー事務局です。

さて、昨日のブログでもご紹介しましたが、
今日から
第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木が開催されています。

去年は秋田県横手市で開催されたのですが、今年は関東で開催!ということで、
また例年通り?、無計画で突入してきました。

これは懐かしい?事務局の通勤路!ですが・・・


車を3時間ほど走らせると、こんな風景が。

このままではよくわからないですね。
実はこの先に、第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木
会場があるのです!

ちょっと車を降りた場所が違ったか?
とにかく会場を探して歩きます!




この道を信じて進んでいくと・・・
おお!ようやくイベント会場っぽい風景が。



まちがってなかった!
第2会場でした!





もう一度確認。
うーん、大丈夫。
第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木の第2会場ですね!



そのアナウンスを信じて、足を進めていくと・・・
人の集まっている圧力を感じ始めました・・・



少し足を進めると・・

うぉー、第2会場なのに、なんだこの人間の集積は!!


ここは厚木野球場!
普段は野球をする場所です。

それが・・・

こんな・・・

人間であふれかえるなんて・・・

想像もできませんでした。

とにかく、人・人・人・・・

いきなり第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木
パワーを感じさせられました。

この先は・・・
次号ご紹介します!!乞うご期待!!!

明日はいよいよB-1グランプリin厚木!

黒部ダムカレー事務局です。

猛暑から急に秋へと舵が切られた気がしますね。
日中の気温もそうですが、朝晩の冷え方は完全に秋!
長袖を一枚はおらないと風邪をひくかも・・・という雰囲気の信州:大町市です。


さて、今日のタイトルの件。

いよいよ明日から第5回B級ご当地グルメの祭典!B-1グランプリin厚木

が始まります。

今回の出展団体は全部で46団体!
昨年度の覇者、”秋田県 横手市の 横手やきそば”はもちろん、
地元、神奈川県 厚木市からは ”厚木シロコロ・ホルモン”が、
そして昨年度、元祖B1である静岡県 富士宮市 の”富士宮やきそば”、
毎年2位に甘んじている青森県 八戸市の” 八戸せんべい汁”も
出展されます。

長野県からは駒ヶ根市の ”駒ヶ根ソースかつ丼”が出場!
岐阜県 郡上市 の”奥美濃カレーひっちゃく棒”も気になるところです。

話が前後してしまいますが、今年の開催地は神奈川県厚木市。
すでに渋滞情報、駐車場はきびしいなどの情報が寄せられています。

なんといっても都会での開催ですから、公共交通機関の利用がベストかもしれません。

さて、今年はどんなドラマが待っているのでしょうか?
わくわくしてきますね!

越中・飛騨ご当地グルメ秋の祭典in氷見!

 黒部ダムカレー事務局です。

長野県大町市と東京都立川市は姉妹都市ですー!
とずーっとPRしてきましたが、実は日本海側にも姉妹都市があるのです。

それは・・・

富山県氷見市!

姉妹都市提携したのは・・・
:昭和47年11月20日だから・・・

今年で38年目?を迎えることになるんですね。

さて、その氷見市。
今年、越中・飛騨観光圏として認定を受けています。

※観光圏とは・・・
  観光圏とは、自然、歴史、文化等において密接な関係のある観光地を一体とした区域であり、
  その観光地同士が連携して2泊3日以上の滞在型観光に対応出来るよう、観光地の魅力を高めようと
  する区域を指す。  「観光庁HPより」


その「越中・飛騨観光圏」を構成するのは、
富山県は高岡、射水、氷見、砺波、小矢部、南砺の6市、
さらに岐阜県の飛騨市、高山市、白川村。

富山県西部6市と岐阜県飛騨地域の2市1村をエリアとする「越中・飛騨観光圏」。
9市町村合わせると4800平方メートル余りという広大なエリアの観光圏です。

そして・・・

越中・飛騨観光圏の代表的な魅力の一つである「食」を広く発信する事業一環として、
ご当地グルメ等が一同に会し、圏域内の豊富な食の魅力をPRすること目的に
「越中・飛騨ご当地グルメ秋の祭典」が開催されるとのことで・・・

こちらに出展させていただくことになりました!!

開催内容は以下のとおり。
みなさま、ぜひ足を運んでくださいね!!

イベント名: 越中・飛騨ご当地グルメ秋の祭典in氷見

開 催 日 : 平成22年10月10日(日) 午前10時~午後3時
開催場所:    氷見漁港内駐車場
実施主体:  越中・飛騨ご当地グルメ秋の祭典実行委員会

黒部ダムカレー×さくったー!・黒部ダムカレー遠足 その3!

 黒部ダムカレー事務局です。

さてさて、9月5日に実行された黒部ダムカレー×さくったー!・黒部ダムカレー遠足!

あれからすでに10日が経ってしまったのですね。
最近、時間がとりにくくなってしまって、遅れ遅れになってしまいましたが、
今日はその3!ようやくまとめに入りたいと思います。

午前10時から始まった遠足ですが、
とにかく参加された方々のフットワークはんぱなし!
あっという間に市内各地へ移動してしまいました。

まずは近場のお店から。
そしてご家族で国営アルプスあづみの公園へ行かれた方。
お子さんを連れて、木崎湖、中綱湖、青木湖からなる仁科三湖へ移動した方。
さらには・・・
当然?黒部ダムへも!

100CC?ほどのスクーターでダムを目指すツワモノをおられて・・・
※当然、佐久からスクーターで来られたそうです。

さくったーのみなさん、とにかく早いし動く動く!

そして驚くのは当たり前のようにツイッターを使いこなしているのです。

だから・・・
当日あげられたツイートは大変な数になり・・・

結局、ブログ上でまとめ!というわけにはいきませんでした・・・m(__)m



でも、こういう方が、さくったーにはおられて・・・



当日のツイートをすべてまとめてくださいました。



詳細はこちらをご覧ください。

黒部ダムカレー遠足のまとめ、ちょっと長いので15時頃で前後に分けました。
前編→ http://bit.ly/auh3GJ 
後編→ http://bit.ly/bqsRmM   「
harrydot9 さんのtogetterより

写真もたくさんよせられました。











さらにさらに、くろよんロイヤルホテルさんからは、
こんなすばらしいおもてなしが・・・

当日、くろよんロイヤルホテルのレストランで合言葉を言うと、
上の引換券がもらえて・・


記念品をいただけたのでした!!


さらに入浴料金も半額にしていただいたり・・・

すみません。
ほんとにお世話になりました。


そして参加された方々への記念品として
こんなプレゼントが・・

さらに、豚のさんぽさんからは”本気のしょうが焼きのたれ”が!!



さて、そんなこんな?で終了の午後4時を大きく過ぎてしまった頃、
本日の結果発表がなされたわけですが・・・

結果発表を待つ?参加者の皆さん。
待つというよりくつろいでいます・・・ね。


ようやく発表を待つ雰囲気になってきました。


商品が会長より渡されて・・・




笑顔がうれしいですね。



無事、イベント終了!というわけなのですが、
外の様子が少し変?

黒い雲が当たり一面を覆い始めた・・・・?



色はどんどん濃くなって・・・


そのあと、しばらく土砂降りになってしまいました。

でも、幸いにもイベントが終了してから。
皆さん無事にお帰りになりました。

終わってみればあっという間の遠足でしたが、とにかく中身の詰まった1日でした。

参加者全員で情報を共有しながらのイベント。
そして少し競争意識があるイベント
さらに参加者の個性も色濃く出るイベント。

ツイッターに依存するわけではないですが、切り口をさらに多様化させることで
どこかで発火するイベントになるような気がしています。

さくったーのみなさん、このたびは大町市までお越しくださり
ありがとうございました。
また、やりましょうね!!!!

"長野まるごと秋祭り"に出展します!

 黒部ダムカレー事務局です。

秋の雰囲気が日に日に強くなってきている長野県大町市。
気がつけばもう9月半ば。

当たり前といえば当たり前なのだけど。

ようやく残暑も収まってきたように感じます。

さて、今日のタイトルの件。

10月といえば、秋のイベント真っ盛りですよね。
毎週末はイベントの嵐といった感じです。

そして・・・

もちろん黒部ダムカレーも秋のイベントに出展していきますよ!

その第1弾は、”長野まるごと秋祭り

県内外から名産物・農産物が集結してくる大イベントですが、今回はそちらに特設ブースが
つくられるということで、そちらに出展予定です。

当日は「エコ」に関するブースや、抽選会、ステージイベントなども計画されているようですよ。

詳細は以下のとおり。
ぜひ足を運んでみてください!!

▼日時:10月2日(土曜)・3日(日曜)各日10:00~16:00(小雨決行)
▼場所:ビッグハット
▼臨時駐車場:若里多目的広場(旧カネボウ跡地)
▼アクセス:シャトルバス運行 長野駅東口からビッグバット(おとな200円・こども100円)
▼同時開催:「第34回農業フェスティバル」「第33回きのこ祭り 平成22年度きのこ中毒防止展示会」
         「ふるさとの食 にっぽんの食」「うまいぞ信州」
▼入場:無料
▼お問い合わせ:2010長野まるごと秋祭り実行委員会(ビッグハット内) 電話026-223-2223

大町市で中村マーケティング研究会。

黒部ダムカレー事務局です。


今日は大町市で中村マーケティング研究会が開催されました。

※中村マーケティング研究会とは・・・
財団法人長野県中小企業振興センターが主催するマーケティング支援センター事業。
中村胤夫マーケティング支援センター特別顧問(㈱三越 特別顧問)より指導・助言を受けながら、
研究会メンバー(市町村、企業)が県内の地域資源を活かした「Made in NAGANO」ブランドの
成功事例をつくることをめざします。


今回はその第11回目が大町市で開催されることになったんですね。

その研究会が開始される前に、中村特別顧問と事務局の方々が市内を視察しました。

いーずら特産館にて丸山館長が概略を説明します。



お酒の説明を熱心に聞く中村特別特別顧問





市野屋商店(金蘭黒部)の酒蔵にて。
福島社長がご説明くださいました。






最後は古民家を改築した”わちがい”にて、渡邉社長よりご説明いただきました。




その後、午後2時からは研究会。
当日は総勢30名ほどが参加し始まった研究会。

”わちがい”の渡邉社長も、ご自分の経験をお話され、なかなか盛り上がりました。
新しいネットワークも出来たりして・・・
有意義な時間になりました。
次回も参加したいな。

 

"黒部ダムカレー"と"ホームページ"と"リニューアル"

 黒部ダムカレー事務局です。

今年の夏はとにかく酷暑、熱波うずまく、とても厳しいものでしたね。

しかし、信州ではようやく秋の気配というか、雰囲気が感じられるようになってきました。

日中はまだ残暑が残ってますが、夕方から翌朝にかけては、すでに”秋”
特に朝方は肌寒さを感じるようになりました。

事務局、実は今週末、私用で都内におりました。
8月中はあまり感じられなかった都内と長野の気温差ですが、
今週は実感できましたね。
やっぱり都内は暑いです・・・

これからの信州、秋に向けて加速していきそうです!

さて、本日のタイトルの件。

以前のブログでも少し触れましたが、現在、このホームページ、
リニューアルが進んでいるんですよ!
ずーっとこのHPを担当していただいている、Hさん。
先日、職場にご足労いただいて、いろいろと打ち合わせをしたんです。

やっぱりそういうときはいろいろと意見がでますよね。

あーしたい・・
こうしたらどう・・・?
ここは別の場所に持っていって・・・
いや、まずは見やすくなるように・・・

これからは、だされた意見を集約して、画面に反映させていく
作業に移行します。

いや、でも考えてみてください。
これまで、このHPはトップページとブログしかないわけですよね。
情報を提供できるフィールドが2つしかないわけですよね。

だからこそ、ブログになんでもかんでも詰め込まざるを得なかったわけです。

表現できるフィールドが狭かったからこそ、深く掘り下げることができたという副産物が生まれた
側面はあったかもしれませんが・・・
でも、そろそろそんな状況からも卒業していかなくては。

以前、twitter上でも指摘されたことがありました。
少しもったいないんじゃない・・?って。

確かにそう。
おっしゃるとおり。
ご指摘ごもっとも。

もっと、わかりやすくしたい。
もっと見やすくしたい。
もっと食べたくなるようにしたい。

こういったことは常日頃考えていたわけですが、
残念ながらこれまで手をつけることができませんでした。

でも、ようやく・・・やっと・・・
リニューアルに漕ぎ着けられそうです!

まだ完全にはお見せできませんが、そのさわりを少し・・・

これから迎える紅葉の時期にむけて、がんばってリニューアルしたいと思います。
乞うご期待!!!

第1回地域ブランドディスカッション×さくったーのお知らせ!!

 黒部ダムカレー事務局です。

しばらく続いた(続いている・・・?)さくったーネタ。
前回は、黒部ダムカレー遠足が始まる前にスポットをあてて
ご紹介したので、もう完結編に移行しなければと思いつつ・・・

えーと、今日はイベントの告知です。w

でえも、やっぱ・・

やっぱり”さくったー”ネタ!!

実は・・・
さくったーの方々と語りあうイベントを開催します!!

少し補足説明を・・

大町市では地域の総合力を高めることを目的に地域ブランドに取り組んでいます。
そのためにはいま地域でがんばっている方々のお話を伺いたいと・・・

そこで今回は、黒部ダムカレー遠足で地域を実際にお歩きいただいた、
”さくったー”より、運営事務局の方々をお招きして、いろいろとお話を
伺いたいと思います。

さくったーの方々がどんなお話をするのか?
そして、当日はタイトルどおりディスカッションですから・・・
当日ご参加いただいた方々と活発な意見交換ができたらと思っています。

詳細は以下のとおり。
ぜひ足をお運びください!!

無垢な作品展" Muku"

 

 黒部ダムカレー事務局です。

さて、今日はあるイベントのお知らせです。

長野県大町市の特産のひとつに松崎和紙があります。

信州松崎和紙とは・・・
信州松崎和紙は、長久三年(1042年)に野生の楮・楡の皮を使用して仁科神明宮の祭祀用に
製造したのがはじまりといわれています。
この技術が一般農家に伝わり、冬季間の副業として発展しました。
地元の楮を用いて作る松崎和紙は丈夫なことで知られ、繭袋、傘紙、障子紙等様々な用途に
用いられてきましたが、洋紙の普及や生活様式の変化に伴い、職人数が激減。現在では当社のみが
この技術を守っています。
いーずら大町特産館HPより

 

過去においては大変盛んに作られた、この信州松崎和紙。
しかし残念ながら現在の製造元は1軒のみになってしまいました。

そこで、今回、この松崎和紙という共通の素材を使い、
さまざまなジャンルの作家による
”無垢な”作品展が開かれるということです。

作品展名:Muku
開催期間:9/11(土)~10/11(月)
開催時間:10:00~18:30 ※火曜・第4月曜日休み
作家:井上由季子(モーネ工房)・菊地均・菊地みゆき(アトリエ10colours)
           田中芝子・田中あずみ・長澤春佳・宮嶋昭夫・宮嶋洋子
会場:創舎わちがい

ぜひ足をお運びください!!

黒部ダムカレー×さくったー!・黒部ダムカレー遠足 その2!

 黒部ダムカレー事務局です。

さて、”さくったー”のみなさんによる黒部ダムカレー遠足から・・・
すでに4日経ちました!

ほんとに時間が経つのは早いですね。
事務局的にはまだ昨日のことのように思えるんですけど。

しかし・・・

冷静になってみると、記憶が断片的になくなってきている。

そもそも、前回はどこまで書いたんだっけ・・・?

あっそうそう。
ルールの基本的な説明を受けたまで!でしたね。

でも・・・

さくったーのみなさん、この黒部ダムカレー遠足ががスタートする前から
すでにイベントに対する意気込みがツイートされ始めていました。

で、本来はやはりイベントスタートしてからのことを書こうかと思ってんですが、
ちょっとこちらもおもしろいな・・・?と思ってしまったので・・・

イベントの前、この意気健康なところからお伝えしようと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


時は西暦2010年09月05日。
例年であれば秋の気配漂う北アルプスの麓、長野県大町市。
しかし過去130年でももっとも強い暑さに覆われ、いまだ真夏日の様相を呈していた。

これは、そんな厳しい気象条件をものともせず、
この地に近年広がりつつある”ある食べ物”を食すことを目的に、
同県の東部より移動を始めようとする、あるチャレンジャー達の物語である・・・


AM5:02
少し頭の体調がわるいのか?、それともただの寝不足なのか?、
,とても判断にこまるコメントでこの物語は始まった・・・



そして・・
AM6:17 きわめて正常なコメントがよせられ、
物語は落ち着きを取り戻した。





今回は残念ながら不参加でしたが・・・
AM6:53





少しモーニングハイ?なコメント。ありがとうございます・・・
AM7:02




おお、ついに出発!
AM7:13




こちらも出発!
AM7:16


 

こちらも出発!
AM7:30


さらに出発!!
AM7:35



こちらも出発!
さらにこのイベントの抱える一番の問題点を指摘!!
AM8:06



その後・・・
AM9:10 果たして目的地はあっているのか・・・?



その約20分後・・・
AM9:26 どうやら正解だったようだ。




その30分後・・・
AM9:55 位置情報でまず間違いない回答。





そしてようやく黒部ダムカレーの説明会に移行。
このあたりのことは前回のブログをご参照のこと。
AM10:04




こちらもAM10:04


こちらはAM10:08
すでに会場ははちきれんばかりの状態。



さて、ここで少しtwitterのある機能についてご説明します。

Twitterの公式機能として、つぶやき投稿の際に「#と英字列」を入力したタグをつけると
発言のグループ化が可能になります。
例えば「#abcd」で検索すると「#abcd」というハッシュタグをつけた投稿のグループが
一覧できるわけです。
今回の遠足では「#omachi39」を使っています。

上のツイートを追っていただくと、皆さん使われているのがお分かりいただけるはずです。

ですので、こんなツイートにつながるわけです。


タグは正常に機能していました。
これで遠足もOKと思っていたところ・・・

さくったー運営事務局のお二人で次のようなやり取りが・・・






こんな雰囲気も漂わせながら、いよいと遠足本番へ!
で、この続きはというと・・・
ごめんなさい、次号に引き継ぎます!!

9/22 と"さくったーず"と再び。

 黒部ダムカレー事務局です。

”さくったーず”による黒部ダムカレー遠足以来、しばらく継続している”さくったー”ネタ。

しかし、まだお伝えしなければならないことがあるんです。


実は、”さくったーず”と語り合うイベントを計画したんですよ!

これまでブログでもご紹介したとおり、とにかくパワフルな”さくったー”のみなさん

岩村田商店街でも、とっても積極的に活動しています。

そこで・・・

これまでの商店街で活動されてきたことをを中心に、、
さらには、今回、黒部ダムカレー遠足を通じて感じたことなども含め、
ディスカッションをしてみたいと思います。

日時は以下のとおり。

第1回地域ブランドディスカッション

1.日時  平成22年9月22日(水)  午後7時~午後9時
2.会場  中心市街地多目的ホール 
3.講師  さくったー運営事務局
4.演題  「twitterを活用した地域活性~」岩村田商店街の事例から~(仮題)

ぜひ大勢の方のお越しをお待ちしております!
 

"さくったー"からの発信!黒部ダムカレー遠足!

黒部ダムカレー事務局です。

日曜日に開催された黒部ダムカレー遠足。

twitterを使ったポイントラリー形式の遠足という、
少し複雑なシステムの”遠足”なのですが、
それを”家族旅行”にしてしまう”さくったー”の皆さん!

それだけでも感心していましたが・・・

今度は”さくったー”の方々が、
黒部ダムカレー遠足のまとめを始めています。

あまりにもクオリティーが高いので、今日はそちらをご紹介します!

まずご紹介するのはこちらの方。



とにかくデジタル分野の達人です。
(というよりお仕事に出来るくらいだから・・・)
iPhoneのアプリも作るし、本も書くという、
マルチなさくったー運営事務局代表です。

今回、harrydot9さんは、遠足当日のツイートを、togetterにまとめてくださいました。

つぶやきがまとめられているので、当日の様子がとてもリアルにわかります!
詳細はこちら⇒さくったー主催・第1回黒部ダムカレー遠足!




そして次にご紹介する方はこちら。




さくったー運営事務局でもあるhanchanjpさん。
当日、佐久から大町までスクーター(90cc?)で来てしまった人!

さらには、扇沢までスクーターで行ってしまうという離れ業!
なにせ、後部荷台にはガソリンの携行缶までセッティングされているというすごさ!

でも・・・

このHPをぜひご覧ください!
掲載されている写真をぜひご覧ください!

ご職業がまざまざと・・・

詳細はこちら⇒hanchanの写真日記




で・・・
私の方はというと・・・

がんばってまとめます、はい!
もうちょっと待って(汗)


 

黒部ダムカレー×さくったー!・黒部ダムカレー遠足 その1!

黒部ダムカレー事務局です。

さて、”さくったー”のみなさんによる黒部ダムカレー遠足から一夜明けました。

実際に来られる前は、果たしてどんなことになるんだろう?と心配していましたが、
いざはじまってしまうと、あっというま、まさに激動の1日になりましたね!

昨日はとりあえず写真をアップしましたが、今日は少しコメントも付けながら、
さくったーのみなさんによる黒部ダムカレー遠足をご紹介します。

当日の集合場所は、JR信濃大町駅前。
さくったー運営事務局代表の”はんださん”、朝9時半頃にはこちらにということで、
それより少し前にお迎えにあがったところ・・・

すでに到着してました・・

はやっ!と思いながらあわててあいさつ。
さぁ、いよいよスタートですね、黒部ダムカレー遠足!



山小屋風に改修されたJR信濃大町駅。
7月22日に改修工事完成記念セレモニーが開催されました。



最初は駅の待合室にいらしたのですが、
もしかしたら人数が多くなるかも・・・?というお話だったので、
隣の施設を借りて、そちらへ移動。

そしたら、さすがにさくったー代表!
しっかりこういうものを作ってきてました!




そうそう、黒部ダムカレー×さくったー!・黒部ダムカレー遠足 の詳細を
まだ1度もご紹介していませんでしたね。
それがないと良くわからない・・・

はい!概略を説明します!

ことの発端はもちろんtwitter!

この中でツイートしているうちに、こういうことがあって・・・

さらには、こんなこともあって・・・

くわえて、少しやり取りがあって、今回の

黒部ダムカレー事務局と、さくったー! 運営事務局の交流から生まれた企画
初秋の大町に、ご当地カレー「黒部ダムカレー」を食べにいきませんか?
(さくったーイベント告知ちらしより)

というイベントにつながってくるわけですね。


もうすこしわかりやすくいうと・・

遠足だけどゲームのような・・
さくったー!黒部ダムカレー遠足は、
ただ観光して、カレーを食べてくるだけの遠足ではありません!
大町観光名所ラリーに参加して、
さくったー!代表と黒部ダムカレー事務局さんから豪華(?)商品をゲットしませんか!
(さくったーイベント告知ちらしより)

というイベントです。



で、もっと具体的にいうと・・・

黒部ダムカレーを食べながら、大町の観光スポットを回っていただく。
そしてその内容を必ずtwitterを使ってツイートする。
観光スポットはポイントが設定されており、最終的には合計ポイントを競う。
 

こんな、食と観光を絡めたポイントラリーなのですね!

イベントの開始は午前10時。
だんだんと
twitter上に、「JR信濃大町駅前なう」とのコメントが寄せられ始めて・・・

ぞくぞくを集まり始めました、さくったーの皆さん!



こちらはバイクで登場!


気がついたら、この状態!
ちいさなお子さんを連れて、まさに家族旅行に!




そして、はんだ代表から、本日の説明があり・・・
※とても”あっさり”の説明!のはんださん!




さぁ、いよいよ出発です!

余裕をかもしだしているゆうきまん!
あなたも行くんですよ!!


さぁ、このあとは一体どんな展開になったんでしょう?
次号へ続く!!

 

黒部ダムカレー×さくったー!・黒部ダムカレー遠足 速報!!

 黒部ダムカレー事務局です。

さて、今日は・・・

もっちろん!
黒部ダムカレー×さくったー!・黒部ダムカレー遠足の速報です!

コメントなどは後日きちんと付けて紹介します。
まず、今日の風景を写真でお届けします!










 














以上、本日の節目となる写真をご紹介しました!
コメントは後日つけますが・・・

とにかく中身の濃いイベントでした!!
ぜひ、第2弾、やりたいと思っています!!
以上、とりあえず・・?の速報でした!!

 

いよいよ明日はさくったー×黒部ダムカレー!

 黒部ダムカレー事務局です。

カレンダーでは9月になりました。
暦の上では長月ですね。

そうそう、処暑(しょしょ)ってご存知ですか?
8月23日頃(2010年は8月23日)。暑さが止むという意味だそうです。
萩の花が咲き、穀物が実り始める頃。
厳しい暑さの峠を越し、朝夕は涼風が吹く頃だそうです。
そして、台風のシーズンともいえるわけですが・・・

ぜんぜん暑さが止まない!
ぜんぜん涼しくない!

これで秋といわれても困ります!!

といいながら・・・
朝晩は涼しくなってきました。

マスコミでも報道されている、近年133年で一番暑い夏。
暑い、熱いといいながらも、
これを体験できたということは、逆にラッキーだったかも。


さて、今日のタイトルの件。


いままで何度かご紹介してきた、
さくったーの皆さんにによる黒部ダムカレー遠足!

いよいよ、その決行日は明日になりました。

ほんとにツイッター上から始まった今回のイベント。

その企画はすべてさくったーです。
こちらはその受け入れ関係だけをケアすればよかったわけですが・・・

そうしているだけで、どんどん企画が実現に向けて動いていきました。

あらためて、その活動力、実行力、実践力。
さくったーの事務局をはじめ、さくったーのみなさんの底力を感じないわけにはいきません。

明日、私もできるだけのケアはさせていただきます。
若干の仕事を抱えてはいますが、極力のサポートをさせていただきたいと思っています。

さて・・

今回のイベント、”ゆる企画”との設定でした。

自分もその位置づけとの認識でいましたが、
当日が近づくにつれ、興味がどんどんと沸いてきました。

最近、自分なりに興味があるのがSNS。
特に地域にブランディングをかけるにあたり、不可欠の要素になるんじゃないかと
考えています。

今はまだうまく言葉に出来ないけど・・・

、都会の対比語としての地方として・・・

その存在をPRしていく上で
SNSは、ぜったいに欠かせない要素のひとつなんだろうという思いは
日々強くなっていきます。

そうはいっても、SNSである以上、こちら再度でコントロールできるわけではないことも事実。
万人に利用可能である反面、アンコントローラブルなんですよね。

でも、その中に身を投じて初めて次のステップが開けるような気がしています。

すでに9月に入ってしまいましたが、”今年度”という期間で、一定の書き物を仕上げたいと
考えています。

まぁ、それよりは明日、さくったーの皆様をお迎えしなければ!

さくったーのみなさま、お気軽にお越しくださいねー!!
 

 

 

真夏日ですけど紅葉情報!

黒部ダムカレー事務局です。

暑い暑いといってきましたが、
それでも季節は確実に進んでいます。

今が夏・・・ということは、

次は・・・

もちろん秋ですね。

9月になってもまだ真夏日が続いている大町ですが、
山間部に行けば、そろそろ漂う秋の気配。

それでは、大町市観光課よりよせられました紅葉情報を
転載いたします。

 ********************************************************************** 
★☆紅葉情報☆★
**********************************************************************

☆アルペンルートから紅葉情報が届きました。(PDF紅葉情報添付)
今のところ台風の直撃がなく、葉の状態は良いとのことです。

-----------------------------------------------------------------------
・まだまだ暑い日が続いていますが、立山には少しずつですが秋の気配を感じる
ようになってきました。室堂平では(2450m)周辺の一部ではイワイチョウ、
コバイケイソウなどが黄色くなり始めています。赤く色づくチングルマはまだ
これからのようです。花が終わり、場所によっては果穂の綿毛が絨毯のように
広がっています。(9月2日 立山黒部貫光(株)) 

---------------------------------------------------------------------------------------------

暦の上ではそろそろ紅葉を意識していいはずなのに、
体感気温からはなかなか・・・ね。


でも、夏が暑いと紅葉も綺麗にでると聞いています。

だったら・・・

今年の紅葉は期待できそうですね!!

黒部ダムカレー×さくったー!・黒部ダムカレー遠足のお知らせ

 黒部ダムカレー事務局です。


さて、先月の26日、こちらのブログでもご紹介させていただいたように、

今週の日曜日、いよいよさくったーのみなさんがやってきます!

■さくったーとは?

さくったーとは「Twitter(ツイッター)」を利用して佐久市の様々な情報を交換したり、
ユーザーどうしでつながることで佐久市を盛り上げていこうという活動です。

Twitterで知り合った佐久市内のユーザーが運営しています。

まだまだ参加者が足りません。

佐久でがんばる企業の皆様、お店の皆様、佐久市のTwitterユーザーの方の参加をお待ちしています。

※以上、さくったーHPより転載






前回は、襲来?または来襲?などと書きましたが、
その意味するところは・・・

遠足です、遠足。

ま、要するに、「同じ日に、大町に黒部ダムカレー食べにいって、ついでに大町の見どころをめぐって、その様子をツイートしあいませんか」ということです。
※さくったーブログより転載。


ツイッターでつぶやき合っているうちに、どんどん膨らんできたこの企画。

気が付いたら、こんなしおりが出来上がっていました!


そうだ。
そういえば、彼女はwebデザイナーだった・・・

こんなん、急に作れっていったって、ぜったい無理!


しっかし、
あっというまに決まっちゃう!
あっというまにつくっちゃう!
あっというまに告知しちゃう!


うーん、さくったー、おそろしや。


で、「襲来、来襲、実は遠足」の方ですけど、

参加の申込とか一切いらないです。ただ、ふら〜っときていただいて、カレー食べて、
タグ #omachi39 をつけてつぶやいていただければそれでOK。
いろんなところからの参加をお待ちしておりますface02

※以上、さくったーHPより転載

・・・・・だそうです。


個人の方歓迎!
カップルの方、もちろん歓迎!
ご家族の方、大歓迎!

今日も、ツイッター上で、「家族旅行で参加できるかも?」って
おっしゃってくださった方がいらっしゃいました。

もともと「ゆる企画」ですので、ぎっちりしたものはなんにもありません。

でも、もしかしたら、カレーを提供しているお店から、”何かプレゼント?”が
あるかもしれません。

ともあれ・・・

たのしい遠足になればいいな!と思っています。

ちなみに日曜日の御天気は・・・

晴時々曇!

気温は・・・34℃?になっています。

えーっと・・・・・・

熱中症対策万全でお越しくださいね!!!
 

"土曜はこれダネッ!"に再登場?!

 黒部ダムカレー事務局です。


さて、本日は少し観光PRを!

 現在、大町市では土曜・休日を中心に、JR信濃大町駅から

国営アルプスあづみの公園(大町・松川地区)

ラ・カスタナチュラルヒーリングガーデン
国宝仁科神明宮

を周遊する 周遊バス「信濃大町ぐるりん号」が運行されています。

運行期間は7月3日から11月28日まで。
運賃は 大人 400円    こども 200円 
※「信濃大町ぐるりん号」では、市民バス「ふれあい号」の回数券、乗り継ぎ券はご利用できません。
 ご注意ください。

観光施設などの割引特典付であったりして、実はかなりお得なチケットなんですよ。

そして・・・

この 周遊バス「信濃大町ぐるりん号」
先日、長野放送さんからご取材いただいたそうです。

取材の主な目的はこの周遊バス「信濃大町ぐるりん号」に乗って、観光施設のご紹介などを
行うということなんですが、
これは文字どおり、周遊バス!
最後は・・・
JR信濃大町駅に戻ってくるんです。

で・・・

やはり、旅の終わりにはお腹が空くということで・・・・

最後は黒部ダムカレーで締めていただいた!ということのようです。

今回ご取材いただいたのは、
こまつうどんさん。

ご飯でつくる堰堤の形については、関西電力の社員さんも唸らせたという
こまつうどんさんの黒部ダムカレー。

今回は果たしてどのような形でご紹介されるんでしょうか?

そうそう。
どの番組でご紹介されるかまだご説明してませんでしたね。

今回ご紹介いただく番組は、"土曜はこれダネッ!"!!

さらに、
そうそうそう。
実は今年の冬も黒部ダムカレーをご紹介していただいているんです!

以前に放送いただいたのは1月23日土曜日でしたね。

以前に放送いただいた内容はこちらをチェック!

 ⇒土曜はこれダネッ!でご紹介いただきます!!
 ⇒NBS(長野放送)の"土曜はこれダネッ!"でご紹介いただきました。
 ⇒今日のNBS(長野放送)の"土曜はこれダネッ!"は・・・?

約7ヶ月ぶりの再登場!
気になる放送日は、9月4日(土)!午後6時~

当日はもちろん、黒部ダムカレーだけではなく、
アルプスあずみの公園や国宝仁科神明宮などの観光名所を中心に
大町の魅力をたっぷりお伝えいただくそうです!
要チェックですよ!!! 

参加店一覧

©黒部ダムレー  Allrights  reserved