黒部ダムカレー誕生

2009年10月アーカイブ

大黒部ダムカレー・・・ 鬼増し?

黒部ダムカレー事務局です。

さて、先日開催された地域ブランド連続講座、
八戸せんべい汁研究所(汁研/じるけん)」
事務局長木村 聡さん
お迎えしました。

すっごく面白かったですよ!
ご自分は「そんなにはしゃべれません」なんておっしゃってましたが・・
なにをおっしゃっているんですか!
120分間、しゃべり続けていただいたじゃないですか!

さて、大事な構成要素、そしてポイントなどはまた後日のブログできちんとご紹介させていただきますが・・

その後、木村さんを囲んで懇親会を開いたんです、豚のさんぽで・・・
一度木村さんにもお見せしたかったので、
まあ、夜でも当然頼みますよね、大黒部ダムカレー。
それが、店員さんから聞き慣れない言葉が。
事務局 「あのー、大黒部ダムカレーをお願いします。
店員さん「はい!増し、増し増し鬼増し どれにされます?」

はあ?

通常の黒部ダムカレーの大盛が「大黒部ダムかれーじゃないの?
まぁ、いいや。
「(ふざけ半分で)じゃあ、鬼増しを!」
で、でてきたのがこれ!
 


ちょっと待った!
これは何?
(奥のグラスやおしぼりから、このサイズ、想像できますか?)
だって、豚の角煮、ご飯の半分くらいにみえるじゃん!

やばい、時間になってしまった。
これから立川遠征です。この続きは改めて。

 

"ビストロ傳刀"さんがテレビでご紹介されます。

昨日から、黒部ダムカレーの提供をはじめられた”ビストロ傳刀”さんから、早速お店のPR情報が
寄せられました。

”ビストロ傳刀”さん、なんとテレビ番組でご紹介されるとのことです。
放送局はBSフジ「プラチナシート」という番組です。

この番組は、大人の方々を対象に上質で贅沢なドライブの旅を提案する内容で、
日本全国の美しい風景や伝統文化、お店などをゆったりと落ち着いた雰囲気で
ご紹介されるとのこと。

放送日は
11月4日(水) 23:00~23:55 が初回放送。

そのほかに
11月8日(日)  8:00~ 8:55
11月11日(水) 23:00~23:55
11月15日(日) 8:00~8:55    

以上、合計3回の再放送が予定されています。

”ビストロ傳刀”さんは、大町市の特産品、「大町黒豚」を提供されているんですよ。
はたしてどんな内容でご紹介されるのでしょうか?

みなさん、ぜひチェックしてみてくださいね!!
 

さらなる参戦者、その名は"ミスターベーコン"!

先日のブログのとおり、2つの飲食店さんからお問い合わせをいただきました。
ひとつは"ビストロ傳刀"さん、そしてもう1店舗は”ミスターベーコン”さんです。

11月中には黒部ダムカレーの提供がはじめられるとお答えをいただきました。
果たしてどんなカレーになるんでしょうね?
楽しみにお待ちしています。



「お店情報」
店名:ミスターベーコン
住所:長野県大町市大町4115-12
電話:0261-23-0705
営業時間: 昼 11:30~14:00
         夜 18:00~25:00    

 

"ビストロ傳刀"さんの画像、アップされました!

昨日ブログにも書かせていただいたとおり、"ビストロ傳刀"さん、本日より参戦して
いただきました。
実は、"ビストロ傳刀"さん、お店をリニューアルしてから、本日はちょうど丸10年になるとのこと。
その記念すべき日に、黒部ダムカレーのご提供をはじめていただけるとは・・・
こちらも身の引き締まる思いです。

なお、"ビストロ傳刀"さんではカレーの値段プラス300円
ハンバーグステーキ、またはエビフライ2本のトッピングが可能とのこと。

なかなかボリュームのあるカレーになりそうですね。
皆様、ぜひチャレンジしてはいかがでしょうか?

 お店の写真です。


お店正面入り口です。

 

新しい参戦者、"ビストロ傳刀"さんです。

こんにちは。
黒部ダムカレー事務局1号です。
1号、今日は風邪のため職場には行けませんでした。
もしインフルエンザだったら、職場の人にも迷惑をかけるので・・・

そこで、昨日お電話をいただいた”ビストロ傳刀”さんへの黒部ダムカレーのご説明を
黒部ダムカレー事務局2号(名刺をよく忘れる)にお願いしました。

2号の武勇伝はこちらを参照してください。
http://kurobedam-curry.com/blog/2009/10/post-37.html
http://kurobedam-curry.com/blog/2009/10/post-42.html

先ほど黒部ダムカレー事務局2号(名刺をよく忘れる)から電話があり、
無事にご説明をしたことと、そして”ビストロ傳刀”さんより、黒部ダムカレー提供店として
加盟されるとのご回答をいただいたと連絡を受けました。

ありがとうございます。
なんと、明日(10月29日)より黒部ダムカレーの提供は可能とのことですよ!
えー?いったいどんなカレーなんでしょう?

よっしゃ!

”ビストロ傳刀”、正式参戦決定です。

事務局2号さん、お疲れさまでした(^_^;)

☆お店情報
ビストロ傳刀
営業時間:11:30~14:00、17:00~20:00(ラストオーダー)
定休日:月曜日(月曜日が祭日のときは火曜日)
駐車場 約15台
住所:長野県大町市大町1082-1
TEL : 0261-22-3755

黒部ダムカレーのお店が増えますよ!

こんばんは。
黒部ダムカレー事務局です。

さて、以前のブログで爺ヶ岳スキー場のふもとにある”シャンティ・ロッジさん”と
大町温泉郷にある”旅館かしわ荘さん”が黒部ダムカレーの建設中に入ったと
お伝えしましたが、
本日、新たに2つのお店さんから、参戦希望のお問い合わせをいただきました。

早速、明日、ご説明に伺いたいと思っています。
皆さんが参戦決定していただければ、提供店は15店になりますよ。

さぁー、食べ歩きも大変になってきたぞ(^^ゞ
 

冬、食べられない黒部ダムカレー・・?

こんばんは。
黒部ダムカレー事務局です。

さて、タイトルにも書きましたが、冬になると食べられない黒部ダムカレーがあります。
それは・・・
もうお分かりですよね。
黒部ダムレストハウスレストラン扇沢の黒部ダムカレーです。

というのは、
立山黒部アルペンルートは冬季になると閉鎖になるんですね。
ですから、その期間はもちろん施設も営業ができず、カレーの提供ができないんです。

では、気になる営業期間は?というと、
来月、11月30日までなんですよ。

本年度中に黒部ダムカレーの完全制覇を目指されている方、
来月中に黒部ダムへゴー!!
この時期はお客様の数も落ち着きますので、ゆっくり立山黒部アルペンルートを
堪能できますよ!
※ぜひ冬支度でお越しくださいね!

 

 

第6回"地域ブランド連続講座"いよいよ今週です。

今月12日のブログでもご紹介させていただきましたが、
現在大町市では地域の総合力を高めることを目的に「地域ブランド連続講座」を開催しています。

6回目を迎えることになりました今回は、
八戸広域観光推進協議会の観光コーディネーター
としてのご活躍されているとともに

八戸地域を代表する郷土料理”せんべい汁”に着目し、
八戸せんべい汁研究所(汁研/じるけん)」を 立ち上げ、
その事務局長として”八戸せんべい汁”全国ブランドにしようと
ご活躍されている木村 聡さんをお招きしてご講演いただきます。

みなさんご存知のように、
B級グルメの祭典、B1グランプリの発祥の地八戸ですよね。
そして、
その元をたどれば
「2000年に横手市と富士宮市がやきそばを通じて交流したことがはじまり
(渡辺英彦愛Bリーグ会長)といわれています。

今回、この講座のためにわざわざ青森からお越しいただきます。
なかなか、こんなチャンスないです。
ぜひご参加くださいね。


日  時: 平成21年10月29日(木) 午後7時~
場  所: 大町市役所 東大会議室(水道庁舎2階)
参加費: 無料です!(どなたでもご参加いただけます)
師: 八戸広域観光推進協議会 観光コーディネーター
      (八戸せんべい汁研究所・事務局) 木村 聡 さん 

ご参加希望される方は、ぜひ事務局までご連絡ください

詳細はこちら
http://www.city.omachi.nagano.jp/ctg/00013315/00013315.html

黒部ダムカレーマップ、トップページからダウンロードできます!

こんにちは。
黒部ダムカレー事務局です。

さて、秋の味覚祭りになんとか間に合わせて作った、
黒部ダムカレーマップ
(考えてみれば、信大地域ブランドオフィス、そしてO印刷さん、相当無理させたね)

イベント期間中はもちろん、現在も関係各所に配り歩いています。
でも、やはり遠方の方にはなかなかお届けすることができません。
そこで・・・
ホームページからダウンロードできるようにしてもらいました。
(ありがとね、ポータルバインドのヘイちゃん♪、得意技の丸投げ受けてくれてサンキューです。)

トップページからダウンロードいただけますけど、
今回、念のためこちらにもリンクを張りますね。
黒部ダムカレーマップはこちら⇒http://kurobedam-curry.com/damcurry_map.pdf

ぜひ、黒部ダムカレーの食べ歩きなどにご活用ください。

秋の味覚祭り、ありがとうございました!!

今日、市内各所を回ってきました。
まちなか商店街、温泉郷、扇沢駅・・・
紅葉もかなり進んできています。
特に扇沢周辺の色付きもいっそう鮮明になっています。
温泉郷もかなり赤系統がはっきりしてきましたし、まちなかの紅葉もメリハリが
ついてきましたね。
紅葉シーズンは、いよいよ今週がクライマックスかな?なんて思います。

さて、このブログでもPRさせていただいた”秋の味覚祭り”
黒部ダムカレーを求めてお店を訪れたお客様はどうだったのか?、とっても気になっていました。
(その期間、事務局は氷見に行ってしまっていたので(-_-;))

そこに”こまつうどん店”さんから電話!
「期間中忙しかった!」とおっしゃっていただきました。
観光にこられた方を中心に、なんと、お昼だけで20以上の黒部ダムカレーを
つくることになったとのこと。(当然、お昼で完売です)
近辺のお店も同じ状況らしく、売り切れ状況がつづいたようです。

ちょうど今は新そばの時期。
この地域でも、新そば祭りが開催されています。
こんな秋の味覚を求めて、先週末、新そばと黒部ダムカレーを求めて
周辺をさまよった事務局の職場周辺の人間がいるのですが、
黒部ダムカレーの売り切れが続き、なかなかありつくことができなかったとの
報告をいただきました。

おいでくださった方、ありがとうございました。
また、食べることがかなわなかったお客様、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

この取り組みが始まって4ヶ月ほど。
これまではPRすることだけでも精一杯だったというのが正直なところです。
おかげさまで大変たくさんのメディアにお取り上げいただきましたし、大勢のお客様に
黒部ダムカレーをお召し上がりいただきました。

でも・・・・
そろそろ一度振り返る時期にきたかなと感じています。
特に”おもてなし”という部分、もう一度整理していかなければいけないかな?と思っています。

ここからは、黒部ダムカレーを提供されている各お店さんにお願いです。

これまでは各お店さんごとでのご対応をお願いしていましたが、
もし材料等の関係で黒部ダムカレーの提供ができない状況になってしまったら、
ぜひ、ほかのお店さんをご紹介してください。

今回、黒部ダムカレーマップを作りましたが、
それはお客様にとってお店の位置を把握しやすくすることはもちろん、
お客様に他のお店をご紹介しやすくすることも目的なんですね、実は。

かなり生意気なことを書いていることは承知しています。
でも・・
各お店さんの負担が減るような仕組みなど、こちらでも考えたいと思っていますが、
もし、ご自分のお店が売切れてしまった場合、ぜひ他店さんをご紹介いただけませんか?

もちろん、またお店まで伺ってご説明、そしてお願いをするつもりです。
よろしくお願いします。

/-------------------------------------------------------------------------------/
「大町市といえば黒部ダム」⇔「黒部ダムといえば大町市」
 政権交代しましたが黒部ダムカレーは建設中!!
 建設地点もぞくぞく増加!!着工予定地増殖中!
  詳細はこちら⇒http://kurobedam-curry.com/ 
  黒部ダムカレー事務局でした。
                            
/-----------------------------------------------------------------------------/

長野県大町温泉旅館 かしわ荘 参戦決定!!!

大町市には”大町温泉郷”がございます。
この大町温泉郷は鹿島槍ヶ岳や爺ヶ岳の雪解け水が流れる清流鹿島川のほとり、
そして黒部ダムに通じるアルペンライン沿いにある温泉地なんですね。
昭和39年の誕生以来、黒部ダムに一番近い温泉エリアとして大変多くのお客様をお迎えして
きました。
源泉は葛温泉から引湯されていて、泉質は単純硫黄泉です。
現在、計14のホテル、旅館が営業されています。

昨日、その大町温泉郷にある”旅館かしわ荘”に行ってきました。
以前、ブログをご覧になった方なら覚えているかもしれません。
実はこちらも、豚のさんぽのお気楽社長さんからご紹介いただいているところなんです。




打ち合わせの舞台?には、すでに黒部ダムカレーのちらし&マップが!
うれしいですよね。こういうおもてなし(^^♪


お話させていただいたのは、かしわ荘の”若女将”のさちえさん。
※もっと踏み込みますと豚のさんぽのお気楽社長さんの奥様です(^_^;)

事務局2名、お約束した時間の10分ほど前についてしまったのですが、
そんな2名を快くお迎えいただきました。(感謝!)

若女将さんとは2,3度、ごあいさつ程度の会話をしたことがありましたが、
きちんとお話しするのはお互いにはじめて。
最初、ちょっと微妙な空気がながれてしまいました。(すみません)

でも、黒部ダムカレーの説明に入ったあとは、互いの歯車かみまくり!
30分ほどの時間でしたが、間髪入れない会話が続きました。
ほんと、時間があっという間に過ぎました。
こういう時間って、やっぱり楽しいですね。
すっごくパワーをもらいました。

さて、かしわ荘さんでの黒部ダムカレーの提供方法ですが、
宿泊プランのなかに含めていくことなども検討されているそうです。
カレーも現在建設中とのこと。
さぁ、果たしてどんな黒部ダムカレーになるんでしょうか?

長野県大町温泉 旅館かしわ荘
あらたな建築地点として正式参戦、決定です。

旅館 かしわ荘の詳細はこちら⇒http://www.kasiwaso.com/
元気いっぱい若女将ブログはこちら⇒http://www.kasiwaso.com/blog/
大町温泉郷観光協会はこちら⇒http://www.omachionsen.jp/

シャンティロッジから見える風景

黒部ダムカレーのお店マップができたこと、こないだのブログでご紹介しました。
でも、実はそれだけではないんです。
いっしょにポスターも作ってしまいました。
(ようやくか!? と言われそうですけど(^^ゞ)

ただいま、せっせとマップとポスターをお店などにお配りしています。

昨日の夕方近く、爺ヶ岳スキー場の麓にあるシャンティロッジさんに伺いました。

シャンティロッジさんの黒部ダムカレーは現在建設中
11月の頭には竣工予定と聞いています。
現在の状況はどうかな?なんてことも期待しながら伺いました。

シャンティロッジさんです。ほんとうに爺ヶ岳スキー場の真ん前にあります。
冬、にぎわいそうですね。




中に入ろうとしたのですけど、上の写真の背景、気づきますよね、やっぱり。
思わず後ろに見える紅葉に目がいきました。

その光景がこちら。すごいでしょ!紅葉と高原のコラボレーション。
シャンティロッジさんでは、この風景が室内から見られるんですよ!




シャンティロッジさんの室内
季節の風景を楽しみながら、落ち着いて食事ができそうです。




そして、もちろんスノボ用品もいっぱいです。


大町市の紅葉は、今がまさに見ごろ!
週末はぜひお出かけくださいね。
食と風景でお腹いっぱいになりますよ!

シャンティロッジさんの詳細はこちら⇒http://www.shanti-lodge.com/

【裏情報】
事務局スタッフの〇島くん。前回伺ったときは名刺を忘れてしまって、名刺交換できませんでした。
さて、今日は・・・?もちろん大丈夫だよね・・?
あれ??、もしかしてまた?
果たして彼がシャンティロッジさんと名刺交換できる日はくるのでしょうか?
 

氷見に行ってきました! その2

暴風
悪天候の三点セットでお迎えいただきました、今回の氷見出展。
この状況、我々の今後を占っているのか?なんてちょっと不安になりながら、土曜日は民宿で休みました。
なんだかんだ言いながら、土曜日の夜は氷見キトキト寿司でしっかり食べましたけど・・
(キトキト寿司 氷見本店の方々、営業時間伸ばしてしまってすみません)

さて、翌18日、いよいよイベント当日を迎えました。
出展者の搬入時間は朝6時から7時までと案内されています。
もちろんその時間に合わせて朝6時には宿泊先を出ましたが、朝の天気はやっぱり
車の中に傘置き忘れてしまった!ので駐車場まで走っていったら、思いっきりアスファルトの
上にケータイ落っことして表面傷だらけ。
今日のイベントできるのかな?なんて本気で考えていました。

でも天気予報は午前中はにわか雨、お昼ぐらいから天候回復となってたんですね。
その予報に一縷の期待をして出展準備を始めました。

すると、だんだん雨が弱くなってきたんですね、これが。

厚い雲間からうっすらと朝日が・・とってもきれいでした。

氷見漁港から見た朝日(朝7時くらい?)。ね!きれいでしょ?

長野県人、海を見ると異様にテンションがあがるんですよね! 
イベントは今日1日のみで、時間は8時~15時まで。
短期集中型ですね。よっしゃ、これでいけるって思ってお店の準備をがんばっていたんですが・・

お店準備中です。




しばらくしたらやっぱり雨・・・がーん
とにかくすっごい雨。どこがにわか雨なんですか、天気予報さん。
この状況、日本語では土砂降りというんですけどね。

天幕からしたたる雨、わかります?


とにかく商品をなんとかしなければ。
ダンボール箱はじかに下におけないので、ビニールシートやプラスチックの箱の上に
荷物をおくなどして対応してました。

まぁ、天気だけはどうにもならないよね・・こればっかりは。
とはいえここ氷見市は漫画家の藤子不二雄A先生がご出身された土地なんです。
忍者ハットリくんとともに印を結ぶと・・・




なんと!晴れてきたんですね、これが!
願いが通じたのか?天気予報どおりなのか?それはわかりませんけど。
(冷静になれば予報どうりですよね、やっぱり)


自慢げに会場内を闊歩する忍者ハットリくん

 

さっきまでの土砂降りがうそのようです。
青空が出てきました。



そしてようやく氷見カレーのブースへ。

日差しを浴びている氷見カレーのブース。


大変お忙しいところ、失礼ながらご挨拶させていただきました。
大盛況でしたね。
当日は氷見ととぼちカレー(500円)を販売されていました。


さて、その後・・
 天候回復とともにお客様の入りこみも当然増えます。
自分たちのブースにもたくさんのお客様においでいただき、そちらの対応で
ほぼイベント終了と思っていましたが・・

なんと終了間際、
氷見市観光協会の副会長さん
そして
氷見カレー学会の会長さんが大町市のブースにおいでくださいました。
イベント中でもあり、お話できた時間はわずかでしたが、お互いの現状、方向性など
お話できました。
そして、コラボ
こちらもとても前向きにお聞きくださいました。
カレーのコラボだけでなく、食材など、それぞれの特徴を持ち寄って、よりよりものが
できていけばよいなと思っています。
(氷見の山菜、大町でのシーフードなど?)

お二人、大変お忙しい中、こちらのブースにお越しいただきほんとうにありがとう
ございました。
大変お世話になりました。
また、そちらに伺わせてくださいね。

氷見カレー学会の詳細はこちら⇒氷見カレー学会ホームページ

 

氷見に行ってきました!その1

昨日は氷見市に行ってきました。
その目的はというと・・・?”氷見キトキト祭り”に出展するためです。
ほとんどの方はご存じないかも知れませんが、長野県大町市と富山県氷見市は姉妹都市なんですよ!
そして氷見市では毎年この時期に氷見キトキト祭りが実施されておりますので、
姉妹都市の関係で、大町市からは毎年出展させていただいています。

でも、そして今回は目的はそれだけではありません。
実はもうひとつの別の目的が・・・(;一_一)
それは、「氷見カレー学会」の方とお話をすること!です。
こんな取り組み、やっぱり連携をとってやっていくことって、とても重要だと思うんです。
できれば、姉妹都市の関係でいろいろとコラボできれば・・なんてずっと考えていたんです。

さて、氷見に向かったのは土曜日(16日)の夕方5時過ぎでした。
それでも3時間半あれば・・と とっても楽観的に考えてました。
目的はしっかりあるんで、モチベーションはとっても高い!
よーし、元気いっぱい売りまくるぞー!って気合いっぱいで車に乗り込みました。
しばらくはマイペースドライブで楽しい旅だったんですけど・・・・

そこに異変が起こったのは19:30ごろ?
そういえば、こんなに遅くなるって、宿泊させていただく予定の民宿に言ってないことに気づいたんです。
やっべー、キャンセルされたら野宿になっちゃうと思って、有磯海のSAからお電話したところ、
「遅くなる分にはぜんぜんかまいませんよ」

ありがとうございます。
とってもありがたいお言葉。
でも、次の言葉がよくわからなかった。

「ところで、そちらのお天気はどうです?」


はぁ??天気??
何を突然?

そしたら電話口からよくわからないコメントが。

こっちはめちゃくちゃに荒れてます。もう笑っちゃうくらい・・・
※笑っている場合ではないです^^;。

そういえば、さっきからおかしいと思ってはいたんですよね。
運転席の右側がしょっちゅう光るんですよ。
北陸道にいるので、てっきり灯台関係の光かと思ってましたが・・・
実は稲妻でした。
僕らが向かう氷見方面。
それは大荒れの天気がまさに待ち受ける場所。
それはもう、光る、光る!
今度は雨、風が吹き付けてくるし・・・
こっちはトラックだからハンドルが取られる取られる。

車の中で馬鹿話してましたけど、実は少し冷や汗をかいていた事務局でした。

 もう、氷見で楽しい海の幸なんて言葉も忘れ・・・・

さぁ、我々一向は果たして氷見キトキト祭りに出展できたのでしょうか?
そして、氷見カレー学会の方々にお会いできたのでしょうか?

続きは次号!!

黒部ダムカレーマップ、できました!

いままで、黒部ダムカレーを提供いただいているお店の位置は、
ホームページ上に設置されたグーグルマップで確認いただいていました。
※これも㈱ポータル・バインドさんにおつくりいただいた訳ですが・・・^^;

ようやく紙ベースの黒部ダムカレー提供店の地図ができあがりました!!
アップロードいたしますので、ぜひご活用?ください!!

ダウンロードはこちらから⇒黒部ダムカレーマップ

金曜日から秋の味覚まつりが開催されていますが、各会場はもとより、
黒部ダムカレー提供店にも設置されています。
そちらにもぜひ足を運んでくださいね!

秋の味覚祭り、いよいよはじまりました!!

さぁ、いよいよはじまりました、秋の味覚祭り!!

メイン会場である立山黒部アルペンルートの入り口「扇沢駅」には、どんどん観光バスが
集まってきています。

まだ9時前だというのに、すでにこんなに!



会場準備もほぼ整ったようです。
お客様も集まり始めました。




会場では特産市として、りんごやお米、そして各種特産品の販売がされています。

やはりこの時間の扇沢は寒い!です。
お客様の服装をご覧ください。
しっかり冬支度?ですね。


さて、紅葉ですが、今、旬!ですよ!



これは、扇沢駅を背に、して撮影した写真。
紅葉、いい感じではじまっています。
ちなみに下に見えるのがお客様駐車場です。
いまはまだ空きがたくさんありますが、もう少し時間が経つと、まったく空きが
なくなるんですね。


扇沢駅に向かって撮ってみました。
こちらも紅葉が色付きはじめましたね。


扇沢駅周辺は、今、まさに見ごろとなっています。
ぜひ足を運んでくださいね。

紅葉情報はこちら⇒大町市紅葉情報へl

東京スポーツさんでご紹介いただきました。

みなさん、覚えてますか?せっかく東京スポーツさんに掲載していただるとお話をいただいたのに
実質作業日が1日しかなかったという話。
詳細はこちら⇒http://kurobedam-curry.com/blog/2009/10/post-27.html

東スポさんでっせ、事務局スタッフ〇島君。
ほんとに大丈夫なの?大丈夫だったの?という雰囲気が日増しに強くなってきました。
確か掲載日は10月13日。
ふつうだったら「載りました!」っていう一言あるよね、普通。
いくら連休明けっていってもさ・・

それがまったくの無反応・・・今日の午前中もまったく無反応。
ほんとに”やっちまった”んじゃないの?
この話題をふれば、やたらと無罪を主張するところもあやしいし。

ここまでくれば、むしろやっちまってくれててもブログネタになるから、
それもありかな?それでもOKと思ってました。

そんな不安と期待が入り混じった2日間でしたが・・・
 
昨日、東スポさんより、掲載紙面をお送りいただきました。
すっげー、こんなにしっかり掲載していただいたんですね



東京スポーツさん、ほんとうにありがとうございました。

今回のキャッチコピー、すごいんです。
「脱ダムの動きもグルメでは通用しない」
うわー、なんてキャッチーなコピーでしょう!

黒部ダムカレー、先日お伝えしたように、新たに建設地点が増えることになりました。
これからも増築、改築、増床を繰り返していく予定です。
どうぞこれからもよろしくお願いします。


でも・・・ちょっと残念なことが。
東スポ編集部のKさん、掲載紙面、もう少しあとで送っていただいてもよかったんですよ。
あの微妙な時間、微妙な空気、実はもう少し持続させてもって思ってました。
今日、紙面を職場にいただいて、うれしいような実は残念なような・・
少し複雑な気持ちになりました。
届いたの来週だったら、完全に有罪判決に持ち込めたのですが・・

よかったね、中〇君。
東スポさんに感謝!

cafe bar "Shanti Lodge"参戦決定!! 

昨日、豚のさんぽのお気楽社長さんからご紹介いただいた、cafe bar ”Shanti Lodge”さんに
伺いました。
目的はもちろん”黒部ダムカレー”布教活動^^;です!

お店にはHALUさんがいらしゃいました。
突然の訪問にもかかわらず、笑顔で対応いただきました。

実は HALUさん、シャンティロッジのほかに、大町市内でスノーボードショップを営んでおられたのですが、
このたびシャンティロッジと合併されたとのこと。
10月10日にリニューアルオープンしたばかりだったんですね。
まだいろいろと手を加える箇所がたくさんあるとおっしゃってましたが、いえいえ、手作りの良さが
お店中から感じられました。

いろいろと伺っていくとほんっとの手作りなんですよ。想像以上の!
壁なんかすごいですよ。ほんとにセルフビルドなのって感じでした。

そのご苦労がシャンティさんのブログでも紹介されています。
ぜひご覧下さい。
詳細はこちら⇒http://shanti.naganoblog.jp/e326352.html


えーと、そうそう、あんまりお店の印象が強かったので、肝心なことを忘れてしまいました。
黒部ダムカレーの布教活動、HALUさん、笑顔でOKくれました。

シャンティロッジさんでは現在、グリーンベジカレー&キーマカレーを提供されています。
このうち、どちらかのカレーをベースにシャンティらしい黒部ダムカレーをお作りいただけるとの
ことです。
11月からはメニューに加えていただけるとの力強いお言葉もいただきました。
すっごく楽しみです。
よろしくお願いしますね。
シャンティロッジ、正式参戦決定です!
詳細はこちら⇒http://shanti.naganoblog.jp/e331863.html

"速報ダム日和"さんでご紹介いただきました。

”速報ダム日和”さんでご紹介いただきました!
dambiyori(プロフィールより)さん、特急あずさに乗って遠路はるばる大町市までおいでいただいたとの
ことです。

dambiyoriさん、群馬県にお住まいで当日はお車で来られたそうです。
何か混乱して書いてましたね、すみませんm(__)m


詳細はこちら→ http://d.hatena.ne.jp/dambiyori/20091012/1255355819
※dambiyoriさんからアドレス教えていただきました!

ブログの写真から拝見すると当日の天気は”晴れ”!
よかった!あの天気なら少しは北アルプスをご堪能いただけたのではないですか?
(えーと、10/12・・・あ、確かに晴れてた。最近記憶が飛ぶんです、自分)

こちらに到着されてからは、JR信濃大町駅前にある”豚のさんぽ”さんの
黒部ダムカレーを目指されています。

しかし・・・・当日は”ご飯がない!!”
なんですとー!(テラめし倶楽部さんより引用)

詳細はこちら→http://www.geocities.jp/zzr_1100c22004/contents_terameshi_club_369.html

せっかく遠路はるばる信濃大町までおいでいただいたのに・・
豚のさんぽさん、こんどはぜひご飯、大目に炊いてください!(よろしくね、ヘイちゃん!)

残念ながら当日は”汁なし麺”をご注文されたのとのこと。
うーん、残念、残念。(汁なし麺はおいしいです。実はこれおすすめです。by事務局)

今回は少しタイミングがわるかったのかもしれません。
これに懲りず、ぜひまたお越しくださいね。

さて、dambiyoriさん、実は以前に”黒部の太陽カレー”を建設?されています。

詳細はこちら→http://d.hatena.ne.jp/dambiyori/20090815/1250316934
これ、すっごいアイディアなんですよね。
まさに発想の転換というか、僕自身、、目から鱗でしたもん。

これから、もっともっとお店を増やしていきたいと思ってます。
そんな中、お店ごとのメニューの違いなんかも必要になってきますよね。
こんな発想力、見習っていかなくてはと思います。
dambiyoriさん、このたびは黒部ダムカレーをご紹介いただき、そして大町市にお越しいただきありがとうございました。

昨日はお年寄りの世話と労組で1日が終わってしまった。
さぁ、今日は豚のさんぽのお気楽社長さんからご紹介いただいたお店に説明に行こうっと!

黒部ダムカレーと地域ブランド  その2

黒部ダムカレー事務局の松澤です。

 このシリーズその1からかなり時間が経過してしまいました。

 前回の続きは・・・そう!ブランド想起です。
  まずはそこから触れさせてください。
  
  ブランドにはいくつかの機能があるといわれています。
 その中で今回着目したのがブランドの想起機能。
 これはブランドが買い手に対してある種の知識や感情、あるいはイメージなどを想起させる機能なんです。
 また、ブランドが知られているという状態のとき、いくつかの次元があります。名前やマークからなんらかの知識や感情が沸いたり、イメージが浮かび上がったり・・・

 今回はこの機能を利用して、有力な地域資源と地域をつなげることから、地域の認知度の向上を図るというアプローチをしています。

  具体的には   大町市といえば〇〇
 そして、    〇〇といえば大町市

 この〇〇をきちんと整理して、そしてPRしていくことで地域の認知度を向上させよういう考え方です。

そこで出てきたのが、
【ブランド想起機能に着目し“有力な地域資源”と“地域そのもの”を消費者意識のなかにつなげることで、地域の認知度を向上させる】というコンセプトです。

では、その〇〇に入る言葉、いわゆる「有力な地域資源」とは何か?ということがとても重要になってきます。
 「有力な地域資源」は地域住民の意識から離れているものであってはいけません。まさに地域住民のアイデンティティといえるものが「有力な地域資源」とならなければならないんです。なぜならこの言葉は市外在住の受け手にそのまま発信されるものとなります。ブランドは最終的には送り手と受け手との意識が共鳴したことにより発生するといわれていますが、送り手の側の内部から連想されないものが受け手に発信されても、そこに共鳴が生まれることは決してありませんよね。
 そこで「地域で自慢できるものは?」などと市内の方にお話を伺ったりしました。そのような場面でほぼ間違いなく出てくる言葉はやはり「山、川、水」などでした。大町市は北アルプスの麓に位置していますから(黒部ダムカレー参加店一覧マップなどをご覧いただけると幸いです)、地元の人間であれば当然のお答えです。じゃあ、その言葉と大町市をそのままつなぎこめばよいかというと、なかなかそうはいかないんです。もちろん有力な地域資源として「山、川、水」を否定することはできません。否定するどころか、「山、川、水」は大町市にとってこの上なく重要なものであることは十分承知しています。
 しかし基本的に、“ブランドは受け手側が造り出すもの”なんですね。人間には五感がありますから、“そのままの自然”をPRしても、どのように受け手が捉えるか、きわめて多岐にわたり送り手側はとてもコントロールできるものではありません。(見るのか?飲むのか?触るのか?など・・・)
 また、「山、川、水」などはいわゆる豊かな自然という認識になりますよね。地元にいると当たり前の環境、その自然が自分の体といかにシンクロしている地域独自の大自然であろうとも、受け手側からすると、その言葉からは残念ながら独自性を感じることができないのです。
 さらに、消費者は基本的にNo.1を求める傾向がとても強いといわれています。雄大な大自然というカテゴリーには“北海道”という横綱をはじめ、多くの強者がひしめいており、その中で独自の輝きを出していくのはとても大変なことと考えられます。
 以上のことから、「有力な地域資源」を表す言葉には、地域にとってまさにアイデンティティといえるものであることはもちろん、送り手側において一定程度ブランドイメージのコントロールができること、さらにその言葉から山、川、水への連想につながること、加えて「山、川、水」を消費者が具体的にイメージできること、競合の少ないカテゴリーであること、そして地域のオリジナリティーがきちんと表現できる言葉に落とし込むことが必要でした。
 そして導き出された言葉が「ダム」だったのです。

また長くなってしまいました。この続きはまた・・・

 

秋の味覚祭りでウェブアンケート、実施します!

さぁ、まだ先だと思っていた秋の味覚祭りも、いよいよ今週の金曜日からになりました。
その期間中、各会場で黒部ダムカレー”お店マップ””チラシ”をお配りすること、
先日のブログでご案内しましたが、その3日間、ウェブアンケートを実施します。
今後、黒部ダムカレーを通じて大町市の認知をあげていくための基本データをとることが
目的です。
なーんていっても、回答方法はいたって簡単です!
今回のチラシにQRコードつけました。
それを携帯にかざしていただければ、アンケートのサイトに入ることができます。
携帯で簡単に答えていただけますので、当日会場に来られた方は、お気軽に
ご参加してくださいね。←PRでした。

「少し裏話・・・・」
さて、そのアンケート、基本設計は信大地域ブランドオフィスのHさんにお願いしました。
(正確には丸投げともいう)
 詳細はこちら⇒http://branding-shinshu.blogspot.com/
そしてウェブ上の設計はウェブ制作を行っている㈱ポータル・バインドのヘイちゃんにお願いしました。
(こちらは完全に丸投げです)
詳細はこちら⇒http://www.portalbind.co.jp/
では事務局は?ということで、申し訳程度にブログを更新しています。m(__)m

こちらにも少しはすまないという気持ちはあるんです。
でも、いまさら仕方がありません。どうしようもありません。
お二人とも休日返上させてごめんなさい。


-以下、ヘイちゃんへ-
ある人からも、ウェブアンケートの場合、システムのエラーチェックなんかとても大変と
お聞きしました。
忙しいときに大変な思いをさせてすみません。


でも、ヘイちゃん、アンケート、今週の16日には使うからね。
まさか動かないってことないよね。
きちんと結果集計できるよね。
もしアンケート結果が取れなかったってことになったら、今回印刷した意味がないんだ。
あと3日あるから大丈夫だよね。事務局、ぜんぜん心配してないけど。よろしくね。
※プログラミングご担当の方、よろしくお願いいたします。

第6回地域ブランド連続講座のご案内

 大町市では地域の総合力を高めることを目的に信州大学と地域ブランドの共同研究を実施しています。、本年度は年間を通じてどなたでもご参加いただける「地域ブランド連続講座」を開催しています。
  5月から始めたこの講座、今回ではや6回目を迎えることになりました。今回は、
八戸広域観光推進協議会の観光コーディネーター
としてのご活躍とともに
八戸地域を代表する郷土料理”せんべい汁”に着目し、
八戸せんべい汁研究所(汁研/じるけん)」を 立ち上げ、
その事務局長として”八戸せんべい汁”全国ブランドにしようと日夜奔走されている
木村 聡 をお招きしてご講演いただきます。
今回、この講座のためにわざわざ青森からお越しいただきます。

ぜひご参加ください!


日  時: 平成21年10月29日(木) 午後7時~
場  所: 大町市役所 東大会議室(水道庁舎2階)
参加費: 無料です!
講  師: 八戸広域観光推進協議会 観光コーディネーター

      (八戸せんべい汁研究所・事務局) 木村 聡 

ご参加希望される方は、ぜひ事務局までご連絡ください
詳細はこちら
http://www.city.omachi.nagano.jp/ctg/00013315/00013315.html

  
先日もご紹介しましたが、地元大町はもちろん、長野市や松本市などから駆けつけてくださる方々が
ほんとうに増えました。(もしかしたら、近隣市町村の方のほうが多いかも・・・)
先日お話を伺った、観光庁の笹森秀樹課長ではないですが、こんなところから観光圏への
きっかけができれば・・とも思います。

新しいお店の予感と"お気楽社長"

10月の3連休も今日がいよいよ最終日。
黒部ダムへのお客様も中心に、大町市にもとっても多くの方々においでいただきました。

昨日は扇沢駅周辺駐車場が満車による周辺道路の渋滞に備え、扇沢駅手前
およそ8㎞の地点に「かご川臨時駐車場」を備えて、臨時駐車場から扇沢駅までの間、
無料シャトルバス」が運行されました。

さて、同じく昨日。
豚のさんぽのお気楽社長さんから電話。
いつも元気なお気楽社長さん、電話口でもとっても元気。
開口一番!
「黒部ダムカレーの件ですけど
〇〇と△△にお話したらほぼOKだといってました。
むぅ!
そうですか!?
ほんとですか!?
マジですか!?
このホームページ、豚のさんぽさんの全面支援により運営されていますが、
実は、人のネットワークでもとってもお世話になってます^_^;
お気楽社長、ほんとうにありがとうございます。

お店、3連休期間はお忙しいでしょうから、休み明け、ご説明に伺います。
ご了承いただけたら、さっそくHPでご紹介させていただきます。

そうなったらお願いね、㈱ポータルバインドのヘイちゃん!!(←ウェブ制作担当です)

あ! そうそう、アンケートもあった。
そっちもよろしくね、ヘイちゃん!!

一期一食・テラめし倶楽部で大黒部ダムカレーが!

テラめし倶楽部、ご存知ですよね。?
以前、こちらのブログでも掲載させていただきました。
そのテラめし倶楽部主催者であるマエダンゴさんと大黒部ダムカレーの真剣バトル、
詳細なレポートをテラめし倶楽部でご紹介されています。
※バトル375です。
詳細はこちら→www.geocities.jp/zzr_1100c22004/contents_terameshi_club_375.html

その経過を見ていくと・・・
まさに壮絶なバトルが繰り広げられていました。

マエダンゴさん、前回の反省のもと、すでに前日夕方にお店に電話されて大黒部の有無を確認した上、ETC1,000円を活用して、福井から大町に来られたところから物語りは始まります。

バトル当日の開店30分前に店頭に着いたにもかかわらず、オープンのころにはすでに行列が・・・
オーダー重複などによる食材不足など、疑心暗鬼になりながらもオーダーしたところ、
無事オーダーがとおり、いよいよバトル開始です。

バトルの中で対戦した「大黒部ダムカレー」の写真を掲載されていましたが、
ん?んんん?!

ご飯の量、多くない?これ!

一応、掟では「ご飯を堰堤の形にするべし」となってます。
はたしてこれが堰堤なのか?
マエダンゴさんおっしゃっている通り、堰堤より溶岩ドームですね。

大黒部ダムカレーを食べられた方はお分かりでしょうが、ご飯の量はもちろん、
伝説のとろとろ角煮がまるごと一本のっているんです。

確かにおいしいです。
ほんとにおいしいんです。
それはわかっているんです。

だけど、とても一人で食べられるものではありません!!

事務局もこないだ注文しましたが、結局5人がかりでした。
それが・・・
ほんとに一人で食べてしまったんですね!!

凄い、凄すぎる!!
 

豚のさんぽさんのブログに書かれている通り、
すでに料理長さんが、
”大黒部ダムカレーを完食した者のみがオーダーする事ができる裏メニュー”
その名も 
「”裏”大黒部ダムカレー」 1,680円!!!

を考案されているとのこと!

マエダンゴさんと”裏”大黒部ダムカレーとのバトル
いつか、ぜひ見てみたいですね!!!

信州ブランドフォーラム2009

信州大学地域ブランドオフィスよりご案内いただきました。
信州ブランドフォーラム2009が下記日時で開催されるそうです。

日時: 10月29日(木)10:15~(受付開始9:30~)
場所:  長野市生涯学習センター(TOiGO WEST4階)
参加費:無料(交流会のみ4,000円)

当日は「元気をもたらす企業と地域のブランド戦略」と題して、
グラムコ㈱代表取締役 代表取締役社長の山田敦郎氏による基調講演のほか、
”信州のブランドづくり事例発表”や”信州ブランドアワード2009の発表、表彰式”
なども予定されているとのこと。事務局もぜひ参加したいと思っています。

詳細はこちら→信州ブランドフォーラム2009.pdf

また、山田さんの著書、「パワーブランドカンパニー」、とっても面白いですよ!
基本的には米国グローバル企業のブランド戦略ですけど、最後のほうに都市ブランディングの
事例として、ニューヨーク・タイムズスクエアについても取り上げられています。
章ごとにそれぞれのまとめもされていますからわかりやすいですし。

なお、当日の懇親会、参観したかったんですけど、
同日の19:00~大町市では地域ブランド連続講座が予定されていて・・・
うーん、残念。
そちらは次の機会になりそうです。

第2回観光シナジー研究会

9月27日のブログでご紹介させていただきましたが、
信州大学地域ブランドオフィスが事務局をされている
観光シナジー研究会、その第2回目が昨日行われ、事務局も参加させていただきました。
といっても、事情で終了間際に顔をださせていただいたくらいですけど・・・m(__)m

昨日は国土交通省観光庁観光地域振興部観光地域振興課長
笹森秀樹課長が「信州における観光活性化と課題」との演題でご講演され、
その後、全体ディスカッションが行われたそうです。

会場到着が遅かったことで、残念ながら笹森課長のお話を伺うことはできませんでしたが、
いただいた資料からは、”観光圏”形成の必要性をとても強く説かれています。

そうですよね。もちろん”行政区”も大事ですけど、やはり”観光圏”の形成は、これから特に
重要になりますよね。
観光圏形成への意識から新しい連携も生まれてくるでしょうし・・

そして”観光”という言葉の響きについてもおっしゃってましたね。
産業としての重要性はまちがいなく向上してる”観光”。
でもどうしても”レジャー、遊び”という響きが意識のなかに残ってしまい、いまひとつ
重さが感じられないと・・
”楽しさ”はもちろん”業としての重要性”、その両面についてバランスをとりながら
意識していくことが必要なのでしょう。


さて、今回の研究会では地域ブランドオフィスの皆様のご好意により、当日参加された方々に
黒部ダムカレーのちらし&マップ、そして来週開催され秋の味覚祭り
パンフをお配りいただきました。

こちらはまったく準備のお手伝いもできず・・・
ほんとにすみません。
そしてPRの機会をいただきありがとうございました。

 

そう、それで思い出した。
 

現在、黒部ダムカレーのちらし、そして黒部ダムカレーマップ、作っています!
10月16日~18日の秋の味覚祭りイベント期間中、各会場に配布します。
会場は黒部ダムへの入り口の扇沢駅大町温泉郷JR信濃大町駅周辺の
まちなかエリア
です。
それから国営アルプスあづみの公園 大町・松川地区でもお配りする予定です。
※地域連携担当のSさん(松本市在住)、よろしくお願いします・・・^^;
 

いままでわかりにくくて申し訳ありませんでしたが、少しずつPRできるものを作っていきます。
 

でも、印刷、間に合うのかな・・・?
たしかポスターもお願いしたような・・・それからどうなったんだっけ?
O印刷さん、まかせた!!とにかく前日までに・・よろしくね!

月刊プースカフェでご紹介いただくことになりました!

月刊プースカフェはご存知ですよね。
株式会社リアルネットワークスさんが発行されている、主に長野市民の方々を対象とした
フリーペーパーです。

実は先日、プースカフェ編集部の方より事務局にご連絡をいただきました。
なんと、プースカフェ11月号(10/31発行)にて、大町特集を企画いただいているとこのと!
そしてその企画になかで「黒部ダムカレー」に関する記事も掲載したいとおっしゃっていただきました。

長野市と大町市、今では長野オリンピックの開催による道路が建設されたことにより、1時間程度で
行き来できるようになっていますが、昔は”山越え”みたいな感じで、少し遠いイメージが
ありました。
そんなことから、大町の文化圏はむしろ松本の文化に近いのかな・・・・?
なんてことを感じたりしていましたが・・
今回の企画にお取り上げいただくことで、より長野と大町との距離が近くなるきっかけになるのでは?
なんて期待してしまいます。

月刊プースカフェさん、よろしくお願いいたします。

株式会社リアルネットワークスさんのHPはこちら
http://www.026r.jp/
         

東京スポーツでご紹介いただくことになりました!

このたび、東京スポーツ新聞社編集局文化部様よりご連絡をいただきました。
なんと、東京スポーツ紙上にて黒部ダムカレーをご紹介いただけるとのこと!
10月13日発行の紙上での掲載を予定されているそうです。
連休明けの東京スポーツ、ぜひ見てくださいね!

「ちょっと裏話」
編集部の方からいただいたお話では、10月13日掲載のためには、入稿が7日(水)になるとのこと。
でも、この話をうけた
事務局スタッフのN君、新潟ときめき国体の役員派遣のため、10月5日まで
新潟でした。
ということは、実質作業日は・・・1日?
もし掲載されなかったら、その責任の所在は・・・?明確ですね!
さぁ、果たして記事は本当に掲載されるのでしょうか
事務局サイドの興味はある意味、そっちに移行しています(^^)



ぽかぽかランド美麻、正式参戦決定!!提供店が11店舗になります!!

ぽかぽかランド美麻さんからご連絡いただきました。
本日から黒部ダムカレーへ正式参戦されるとのことです。

早速写真が届きました。



価格は1,000ちょうど!
ココナツミルクを使った、タイ風の辛口レッドカレーです。
遊覧船ガルベをあらわす具として、骨付き鶏唐揚げが載せられています。
また、カレーのルーは季節によって色、味を変えて、その時々の湖面の色を
表現したい
とのこと。
さらに、美麻地区にある二重市民農園の方が手作りされた福神漬けが添えられます。
なかなか斬新なアイディアで正式参戦決定です。
これで黒部ダムカレーの提供店は11店舗となりました。

秋の味覚祭りでは11種類の黒部ダムカレーを楽しみましょう!!
 


 

お店情報
【ぽかぽかランド美麻】
住所:長野県大町市美麻16784
電話:0261-29-2030
営業時間: 平日  11:30~15:00/17:00~20:00
       土日祝 11:00~20:30
価格:1,000円
定休日:第4木曜
ぽかぽかランド美麻さんのホームページはこちら
http://www.pokamiasa.sakura.ne.jp/

 

大黒部ダムカレー、ついに完食される!!!

7月1日にの発売以来、これまでだれも成しえなかった”大黒部ダムカレー”の完全制覇、
ついにそれを成し遂げた方が現れました!
先月の26日に実施した商店街イベントの時には、まだ完全制覇されておらず、
イベントに集まった方からも、
「これは何人前?」
「3人で食べてもいいんでしょ?」
「豚の角煮が一本丸々はいっているのか?」
「一人じゃ無理だわな・・・(笑)」

なんてコメント満載だったのですか・・・

この詳細は、詳細は”豚のさんぽ”さんのブログをご覧ください。
http://butanosanpo.naganoblog.jp/e323000.html

また、完食された方のプロフィールはこちら
http://www006.upp.so-net.ne.jp/maedango_world/hyoushi.html


この方、あの有名なテラめし倶楽部を運営されているマエダンゴさんという方です。
テラめし倶楽部はこちら(バトル369で 「こってり醤油ラーメン・野菜鬼増し」が紹介されています
http://www.geocities.jp/zzr_1100c22004/contents_terameshi_club_top.html


なお、”豚のさんぽ”さんの名物はというと・・・
「鬼増し」はもちろん、
わすれちゃならないのが「裏メニュー」
すでに料理長さんが、
”大黒部ダムカレーを完食した者のみがオーダーする事ができる裏メニュー”
その名も 
「”裏”大黒部ダムカレー」 1,680円!!!

が考案されているとのこと!
”鬼増し””裏メニュー”のコラボできましたか。
さすが”豚のさんぽ”さん。

完食者に敬意を表し、価格はそのままで内容パワーアップ?
たしか大黒部ダムカレーも原価すれすれと聞いたことがあります・・
そこにまだパワーアップしてしまったら、原価割れするんでは・・?
挑戦者よ来たれ!というところですか?

こうなると「
スーパー”裏”大黒部ダムカレー」なんかも見てみたいです。。
この”テラ化”へ向かう方向性、ますます期待してしまいます。

秋の味覚まつり 続報です

10月16日~18日の3日間、大町市内の3ヶ所で秋の味覚まつりが開催されること、
昨日ご案内しましたが、
10月18日の日曜日はJR信濃大町駅を起点に、”まちなかまるごとイベント”
予定されているんです。
楽しいイベントでいっぱいです。
ではイベント内容を南の開催場所からご紹介します。

1.信濃おおまち軽トラ市
軽トラがそれぞれお店になって、地場野菜、カー用品etcを販売します。
時間: 9:00~13:00
場所: 信濃大町駅前広場

2.アルプスまで飛ばせ!紙ヒコーキ大会
誰が一番遠くまで飛ばせるかな?子供も大人も参加OK!
会場で紙ヒコーキを折って(A4判用紙、準備したものを使用)、
ステージより飛ばして飛距離を競います。
どなたでも参加できます。※中学生以上ハンディあり。
時間: 11:00~
場所: 信濃大町駅前広場

3.ハーヴェストフェスティバル(大町駅前本通り商店街)
模擬露天(綿あめ、焼き鳥、餅つき、飲み物 他)
街なかライブ
時間: 10:00~14:00
場所: 仁科町 中部電力周辺

4.きのこ汁の振る舞い&フリーマーケット(下仲町商店街)
時間: きのこ汁 11:00~終了まで
     フリマ   9:00~13:00
場所: きのこ汁 下仲町ポケットパーク駐車場
     フリマ   下仲町商店街アーケード下

5.豚汁の振る舞い(九日町銀座商店街)
時間: 10:00~14:00
場所: 長野銀行北側空き地

6.野菜販売(大黒町まちづくりの会)
時間: 9:00~13:00
場所: 大黒町ポケットパーク

当日の”まちなかエリア”、秋の味覚をたくさん食べて、親子で楽しめる1日になりそうですね! 

"秋の味覚まつり"で黒部ダムカレーをお得に食べましょう!!!

秋の色彩がとても感じられるようになりましたね。
これからは日本全国で秋のイベントが予定されています。

思わず目移りしそうなしそうなイベントがたくさんありますが、
ここ、北アルプスの麓 大町市でももちろん秋イベントがいっぱい企画されています。
そのなかでも、今日は黒部ダムカレーに興味のある方に要チェックな情報!

10月16日(金)~18日の3日間、
いよいよ”秋の味覚まつり”が開催されます!
場所は
・黒部ダムへの入り口、扇沢駅周辺
大町温泉郷
まちなかエリア(JR信濃大町駅を中心としたエリア) 
                                      以上3ヶ所です。

それぞれ秋の味覚満載で楽しいイベントも企画されています。
ぜひ信濃大町の”秋の味覚”をお楽しみください。

また、イベント期間中は、黒部ダムカレーを提供されている各お店でお得なキャンペーンを
実施します。
詳細は下記のとおりです。
この機会にいろいろな”黒部ダムカレー”を楽しんでみてはいかがですか?

黒部ダムカレー”秋の味覚祭りキャンペーン”


①黒部ダムレストトハウス
黒部ダムカレーをご注文のお客様にオリジナルのしおりをプレゼント!

レストラン扇沢
黒部ダムカレーをご注文のお客様にオリジナルのしおりをプレゼント!

くろよんロイヤルホテル
黒部ダムカレーをご注文のお客様に
ホテル温泉入浴を無料プレゼント!

こまつうどん店
黒豚の肉のうま煮小鉢を黒部ダムカレー及び黒豚料理にプレゼント!

福来家
黒部ダムカレー、黒豚料理及び黒豚セットメニューにデザートをサービス!

豚のさんぽ
黒部ダムカレーご注文のお客様にデザートサービス!

お食事処 三洛
通常840円の黒部ダムカレーを700円で提供します!

スープカレーのお店 ビストロカフェ ミルフィーユ
黒部ダムカレーを召し上がっていただいたお客様に
”シェフの大町産ブルーベリーシャーベット”をサービス!

おさんぽ食堂 クリープ
通常1,300円の黒部ダムカレーを1,000円で提供します!

居酒屋 花山
黒部ダムカレーをご注文のお客様にデザートをサービス!
加えて3分以内に黒部ダムカレー完食された方を
無料にします
!(1日3組限定)もちろん居酒屋花山さんのみですよ!!

 
いかがですか?
この機会に全食制覇?しませんか!(^_^)

B1グランプリ in YOKOTE!! その5

ずっとのびのびになっていたB1報告、ようやく完結させます(-_-;)

先日のブログでも少し触れましたが、今回B1の会場になった秋田県横手市、平成の大合併により、
8市町村が一緒になって、人口約10万人のまちが構成されているということです。

では、旧横手市だけの人口ならどうかというと、約4万人ぐらいなんですね。
今の大町市の人口が約3万人ですから、そう大きくは違わないんです。
そして今回のB1の来場者数はというと、2日間で26万8千人(主催者発表)!!!

想像できますか?26万8千人!
人口の7倍以上の人間がそのまちに終結するんです。
住民の方にとっても、まさにひとつの衝撃が走ったのではないでしょうか?

さて、当日の様子です。

中心市街地特設会場から秋田ふるさと村特設会場へ。
こちらも人がいるいる!
すごい集客力ですね。


全体の広さは・・・
大町市文化会館駐車場の2倍くらいかな・・・(地元ネタですみませんm(__)m)
かなり広いスペースでした。よくこんな施設があるなと思ったくらいなので・・


一番左のブースに富士宮やきそばを発見!こちらも並んでました。
なにしろ120分待ち・・・2時間並んで待っていなければ食べられない!!



少し遠くから眺めると・・こんな感じです!圧巻・・ですね!!
人がのぼり旗と反対方向に向いているのがわかります?
一列では並びきれなくて列が幾重にもなってしまっているんですよ!



会場ではさまざまなプロモーションが催されていました。
コスプレや地元のレディースなんかあたりまえ!
地元バンドによるPRなんかもありました。

横手やきそばのPR風景です。
本格的でしたよ。
最後のフレーズ、「横手やきそば”宇宙一”!」でした!!




時間の関係で、シャトルバスに乗り込み中心市街地の特設会場へ。
(結局、やきそば食べられませんでした。2時間は待てなかったです(__))

約2時間後、もとの会場へ戻ってみても”このとおり”
さっきより人増えているんじゃないの?


一応、報告はここまで。

今回のB1、あまり時間がなかったので、ほんとうに表面しか見ることができませんでしたが、
それでもたくさんの驚きに触れることとなりました。

集客力のすごさは当然ですが、主催者側の企画力もそうですし、このイベントを受け入れることができた
横手市の方々も率直にすごいと思います。
裏方の方にお聞きしたら、行政はもちろん、会議所や学生、そしてボランティアとさまざまな立場で
このイベント運営に参加しているとのこと。

富士宮やきそば学会の渡邉さんもおっしゃってました。
「横手市はそれぞれの連携がとてもよかった。だからこそ運営がスムーズだった」と。

イベントの成功はもちろん、こういった経験がより市町村合併の”その後”を円滑にするのでは
ないでしょうか?

今後の横手市についても興味がでてきてしまいました。

さぁ、これからは大町でもがんばらなくては!

今回お世話になった皆様、ほんとうにありがとうございました。

参加店一覧

©黒部ダムレー  Allrights  reserved